2006年12月22日

「まねきTV」は適法


 テレビ番組を専用の装置を使い受信し、その映像をインターネット経由で個人向けに有料で転送するサービス:まねきTVをNHKなどが著作権法違反として提訴していましたが、知財高裁は22日これら申し立てを却下しました。

 この装置を使えば、ネットさえ繋がっていれば東京で放送された番組を地方や海外でも視聴が可能となります。

 却下された理由は、まねきTVの転送の仕方にあったようです。つまり不特定多数に転送されるわけでなく、特定の個人に対し転送される機能であったからだそうです。また業者が勝手に転送先を変更できない。転送の指示は利用者の指示による。という理由だそうです。

 ということは、
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

TV局が番組連動のネット通販事業強化


 テレビ局の主な収入源といえば、広告収入が主だったように思います。

ネット通販の普及などにより、ここに来てテレビ局が番組を武器に番組の出演者の衣装や雑貨、食品などをネットで販売し、収益源の一つにしていこうという動きがあるようです。

 日本経済新聞(2006.12.18、11面)には

■TBS、ネット通販事業を強化──番組連動で商品開発

 TBSはインターネット通販事業を強化する。2007年から福助(東京・渋谷)など複数のメーカーと組み、情報番組に出演するタレントのアイデアを盛り込んだ製品を共同開発する。新製品は自社の通販サイトやメーカーの販路で売る。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:49| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月01日

地上デジタル放送、全国47都道府県に拡大

 今日(2006.12.1)から地上デジタル放送が全国の都道府県で試聴可能になったとのことです。2011年7月の完全デジタル化に向け本格化することでしょう。

NIKKEI NETには

■地上デジタル放送、全国47都道府県に拡大

 テレビの地上デジタル放送が1日、九州などの計8県で始まり、視聴可能な地域が全国47都道府県に拡大した。ハイビジョン映像や電子番組表、ニュースなどのデータ放送が、国内約8割の3950万世帯で楽しめる環境が整った。

 同日午前には東京・千代田で総務省と放送事業関係者が記念式典を開催。NHKと民放キー局5社の女性アナウンサー、タレントの草ナギ剛さんらが放送開始時刻の午前11時に合わせてカウントダウンを行った。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:52| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

携帯向け放送で新会社――専用番組製作

携帯向け放送で新会社――専用番組製作

 携帯電話に適した放送を手掛ける会社が誕生するようです。

 日本経済新聞(2006.11.29,1面)には

■ドコモやフジなど5社、携帯向け放送で新会社――専用番組製作

 NTTドコモ、フジテレビジョン、ニッポン放送、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー)、伊藤忠商事の5社は携帯端末向け放送で提携する。年内に新会社を設立、携帯専用の番組制作やサービス開発を共同で手掛け、専門放送局の開設も検討する。通信と放送の大手が組むことで、パソコン中心に進んできた通信と放送の融合が携帯電話分野にも広がる。

 5社は携帯向け放送「ワンセグ」を共同で展開するため、合同会社(日本版LLC)を共同出資で設立する。出資規模や比率は今後詰める。


とありました。続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:23| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

WOWOW、VODへ番組配信


 映像配信関連のサービスが増えてきている。配信方法も有料あり無料ありだし、映像も投稿型から映画や独自番組などと多様化してきている。

 移動体という意味では、ワンセグのようにテレビのデジタル放送をそのまま受信するタイプもある。

 そこに、WOWOWが、放送した番組をいつでも好きなときに試聴できる有料のVODサービスに提供するとことです。

 NIKKEI NETには、

■WOWOW、VODへ番組配信・NTTグループ3社向け

 WOWOWは26日、NTTグループのテレビ向けコンテンツ配信会社3社に11月1日から番組を供給すると発表した。好きな番組をいつでも視聴できるビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスに映画、スポーツなどを配信する。BS放送以外の番組供給先を拡大する。

 供給先はNTTコミュニケーションズの「OCNシアター」、ぷららネットワークス(東京・豊島)の「フォースメディア」、オン・デマンド・ティービー(東京・渋谷)の「オンデマンドTV」。VOD配信権を保有する映画やスポーツに加え、自社で製作したドラマなどを配信する。料金体系は未定。VODへの供給で、平日の昼間は視聴しにくい会社員などの需要を取り込む。

とありました。

 このようなサービスが他局でも実現できれば、ビデオ装置は不要になるかも知れないですね。 このサービスが本格化すれば恐らく、グーグルはこれら映像コンテンツを検索するサービスを提供してくれるでしょう。

 見たい映画の題名が思い出せなくても、俳優や印象に残っているシーンを入力すれば候補作品を表示してくれるように思います。

 だいたいどのくらいの料金でサービスされるのか分かりませんが、楽しみなサービスといえそうです。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:18| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

フジTV、番組を有料でネット配信へ


 昨年、放送と通信の融合ということでホリエモンが仕掛けたフジテレビとの提携ですが、当時仕掛けられたフジテレビが今度は自らCS放送の番組をネットで配信することになるとのことです。

 ホリエモンは、プロ野球、ネット放送と先を見る目は確かだったようですが進め方をあまりにも急ぎすぎたのかも知れないですね。

日本経済新聞(2006.10.22、1面)には

■フジテレビ、番組ネット配信・音事協と権利処理合意

 芸能事務所約100社が加盟する日本音楽事業者協会(音事協、井沢健会長)とフジテレビジョンは、テレビ番組のインターネット配信の権利処理で合意した。フジテレビは今月末から、CS放送の新番組で、放送直後に全く同じ内容でネットに有料配信する取り組みを始める。ネット配信に消極的だった有力権利者団体の態度の軟化で、放送と通信の融合が加速しそうだ。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

[ 「iTV」家庭娯楽の軸に

 日本経済新聞(2006.10.16、11面)に米アップルのフィリップ・シラー上級副社長のインタビュー記事がありました。

 記事のポイントは

音楽やラジオ番組に加え、映画やゲームのネットでの配信を加えるなど、家庭内娯楽のソフトとハードの総合企業に脱皮しようとしている米アップルコンピュータは、9月にパソコンに蓄積した映画をハイビジョン対応テレビに無線LANで転送する「iTV」を発表、来年発売する。

 この「iTV」サービスの狙いは、映画は書斎のパソコンの小さな画面より、居間の大画面で見たいというニーズに応えるとのこと。映画以外に写真と音楽を組み合わせたスライドショーなどもテレビで楽しめるそうだ。

 テレビの役割は、パソコン内のコンテンツの表示装置としての役割が加わる。ただアップルは放送を受信するテレビ本来の機能とは競合するつもりはない。あくまでも家庭の中でパソコンとテレビを連動させる装置を開発した。

とのことです。

 続きを読む
ラベル:ネット社会 iTV
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

地上デジタルをネットで配信


 インターネット技術の進歩や映像などの大容量通信が可能なブロードバンド回線の普及に伴い、放送をインターネットで流すことが現実味を帯びてきました。しかし、著作権や放送法などの壁が大きく立ちはだかっており、放送局からネットを利用して、現状のテレビのような方法での放送が進んでいない状況です。そこで総務省が中心になり、地デジの過疎地域への対応を意識しネットでの放送の仕組みを決めたようです。


■地上デジタルをネットで配信――06年末にも開始(日本経済新聞、2006.9.12、1面)

 光ファイバーなど高速インターネットを使ってパソコンなどに地上デジタル放送のテレビ番組を流すネット配信が今年末にも始まる見通しとなった。総務省がNHKやフジテレビジョン、NTTなどと協議会を設け、ネット配信の際に必要な視聴者の認証方法などの統一規格を決めることになったためだ。デジタル放送と高速ネットを組み合わせることで、視聴者は地上デジタル放送の番組を見ながらネットを使ってテレビショッピングなどが簡単に利用できるようになる。

 現在、パソコンで見ることができるのはアナログ放送が中心。専用機器とアンテナがあればデジタル放送も視聴できるが、ネット配信はしていない。ネットを通じた番組配信としては、有線放送大手のUSENが運営する無料動画配信サービス「GyaO(ギャオ)」のようにネットで番組を提供するサービスがあるが、スポーツの録画や映画など見たい番組を選んで視聴する方式。これに対し、ネット配信はまず従来のテレビ番組と同じように放送局が作製した番組を流し、放送波と同じ時間に同じ番組を視聴できる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月23日

東京MXテレビ、映像投稿サイトで一部番組を視聴

 今日はネット社会で採り上げたい記事が沢山ありました。
そろそろ8月も終わりに近づき、9月から年末に向けて新たなサービスをスタートさせる良い時期なのかも知れないですね。

 その多くの記事の中から、テレビ放送局が本来なら競合と見ている映像投稿サイトを活用し自社のビジネスの拡大を図るという話題を採り上げます。

記事(日経済新聞、2006.8.23、13面)には
  
東京メトロポリタンテレビジョン(東京MXテレビ、東京・千代田、後藤亘社長)は8月末から、一部の情報番組を「You Tube(ユーチューブ)」や「Google Video」(グーグルビデオ)などインターネットの映像投稿サイトで視聴できるようにする。地方や海外など東京以外で視聴者を増やすのが狙い。

 東京のUHFテレビ局である東京MXテレビは、ブログを紹介する生放送の情報番組「Blog TV」をネットで視聴できるようにする。低コストで効率的なネット配信を実現するため映像投稿サイトを活用する。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:05| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

SNSと連動し、テレビの新情報番組を制作


 昨日、15回の死闘で再試合になった今年の高校野球、早稲田実業の初優勝で決着がつきましたね。惜しくも3連覇ならなかった駒大苫小牧の健闘も光りました。真夏の昼間での連戦本当にお疲れ様でした。今年は例年になく、ドラマチックな試合が多かったですよね。

 さて、放送と通信の融合というと、番組のネットでの配信が主でしたがTBSは番組やドラマ作りにネットを活用し視聴者の意見などを役立てるとのことです。

記事(日本経済新聞、2006.8.21、11面)には

 TBSは放送番組とインターネットとの連携を加速する。10月からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)と連動した新情報番組を放送、来年のドラマではネットでの意見を脚本に反映させる。
放送と通信の融合はこれまで番組のネット配信や番組でのメール紹介が先行したが、TBSは番組作りまで踏み込み、視聴率改善と収益向上を目指す。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:21| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

ネットでテレビ並みの番組編成で動画配信

 ネットを利用した動画配信のサービスが次々と誕生しています。
今回は、テレビのようにあらかじめ配信時間と内容を決めておき、サイトに接続するとその番組が無料で視聴できるサービスのようです。

記事(日本経済新聞、2006.7.31、11面)には

 インデックス・ホールディングスはテレビと同じように番組編成した一部無料の動画配信事業を始める。

番組表を自社で編成し、芸能事務所と連携して制作する番組などを24時間連続で無料提供する。

配信を目的とした映画の自社制作も始める。ビデオ・オン・デマンド(VOD)形式の有料番組配信と組み合わせて収益を上げ、初年度18億円の売り上げを見込む。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:12| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

テレビ駄目でもネットで巨人戦

 シーズンはじめの勢いは何処へ行ったのか、故障者の続出で調子のでなくなった巨人。かつてはドル箱だった巨人戦の中継も、ここ2、3年視聴率も落ち込んで来ているようだ。

 そんなこともあり、フジテレビが8月から巨人戦の中継を取りやめるとのニュースがあった。
 テレビで中継しない代わりに、ネットで中継を行うようです。

記事(日本経済新聞、2006.7.29、9面)には

 フジテレビジョンは、8月8日からのプロ野球ヤクルト−巨人三連戦をインターネットで中継すると発表した。

 地上波では8月以降、視聴率低迷が続く巨人戦を優勝に絡む試合にならない限り放送しない方針。への振替で放映権を有効活用する。

 フジは同試合を有料のCS放送で中継する予定で、同じ映像をホームページの特設コーナーから無料でネット配信する。システム容量の都合で利用者は1万人限定で、録画はできない。また、NTTドコモの動画対応の携帯電話向けにも中継映像を配信する予定。


とある。

 もしかしたら、この試みが旨くいけば、今後ネットでの中継が増えるかも知れない。
今までは、テレビのチャンネル数も限られていたため、野球の中継といえば巨人戦ばかりであった。

 衛星放送やCS放送といったように放送チェネルが増えるに従い、巨人戦以外の試合も同時に放送されるようになった。また最近では、ソフトバンクやロッテなどのようにネットで中継を始める球団も出てきた。

 このように、野球の中継も様々な手段で行われるようになってきた。この流れも巨人戦の視聴率を押し下げている可能性がある。今まで仕方なく見ていたファンが、贔屓の球団の試合をCSやネットなどで見ることができるようになったこともその原因かも知れない。

 本来、視聴者は決められた時間に決められた放送を見るのではなく、自分の見たい番組を見たいときに見たいはずだ。ネット配信は、後者の環境を簡単に実現する。

 また、今回ネット放送のための能力から視聴者数が限定されるが、USENなどのネット業者を活用すれば、このような問題も緩和できる。

 従来の放送局は、地上波デジタルのための放送設備の増強に加え、ネットの設備増強まで行うのか、そろそろ何が自分のコンピタンスかを意識した戦略が必要なのではないだろうか。


本日のその他の記事
・米経営情報会社、日経メディアマーケティングと組み、日本市場に本格参入する。(10面)
・世界最大の家具小売りのイケヤ、インターネットを通じ会員を募集。商品情報の提供に加え、会員割引などの特典も。(27面)
・浜松市など、11月開催の浜松国際ピアノコンクールの予選の模様を、パブリックビューイングに加えインターネットでも配信する。(静岡版)
などがあった。

posted by ネット社会の水先案内人 at 23:58| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

スカパーが個人放送局を開設へ

 総務省がBSデジタルで一挙にチャンネル数の増加を促したり、USENなど映像情報をネットで無料配信するサービスが増えたり、更に地上波デジタル放送を携帯でも受信できるワンセグが始まったりと、映像を取り巻く環境は激変しているといえます。

 今まで、放送設備や放送エリアを放送法などで守られリスクの心配のないビジネスを展開してきた放送業界もやっと世間並みに、経営戦略次第で今後の成長が左右されるようになるのではないでしょうか。

 このような映像の世界に、個人も自ら制作した映像をネットで配信(放送)できる
サービスが始まるようです。

記事(日本経済新聞、2006.7.15、12面)には

 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ(スカパー)は、個人が自作した映像ソフトをインターネットで配信できる「個人放送局」を開設する。

視聴者への課金が可能で、今秋から試験的に個人放送局を開設し無料配信を始める。

個人の代わりに視聴者から料金を徴収することも検討する。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 11:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

既存勢力、ネットで改革(米メディア)


 USENを始め、ネットで映像コンテンツを配信するビジネスが多く生まれてきています。しかしテレビの放送番組をネットで配信するのは、日本においてことのほか難しいようです。

 総務省などが簡易的な著作権処理やIPでの番組配信を特定の条件で容認しようとする動きがありますが、いろいろな利害が絡みすんなりとは決まっていかないようです。

 しかし、米国ではメデイア産業が激動期を迎えているとの記事がありました。ネットの世界には国境が存在しないので、日本にも少なからず影響を及ぼすものと思われます。

記事(日本経済新聞(2006.6.26)11面)には

 テレビや新聞など既存勢力がネット技術を取り込む改革を決断。台頭するネットメディアや、新プレーヤーとして存在感を増す通信事業者と三つどもえの競争に突入した。

垣根を超えた顧客争奪戦は、放送と通信の融合に向けた議論が進む日本の一歩先を行く。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:29| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

「ワンセグ」本放送開始


 携帯機器向けの地上デジタル放送(ワンセグ)の本放送がいよいよ始まった。
移動しながら、テレビを見ても従来のアナログ放送に比べ鮮明な映像が見られるとのことだ。テレビ視聴の新たなスタイルを作り出しそうだ。

記事(日本経済新聞)2006.4.1)11面)には

 携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」の本放送が4月1日朝に始まる。携帯電話などで地上デジタル放送が通信料なしで視聴でき、文字情報などを表示できるデータ放送も本格化。「いつでもどこでも」テレビがみられる環境が整う。データ放送部分を活用したインターネットサービスとの連携も本格化しそうだ。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:31| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

CATV事業の70社が連携しハイビジョン番組光回線で配信。


 FTTH(ファイバー・ツゥー・ザ・ホーム)ということで、Bフレッツなどにより光ケーブルが各家庭にまで届く時代になったことで、CATVの事業環境も大きく変わろうとしている。CATVの回線も従来のメタル(電線)のケーブルから光ケーブルに置き換わりつつある。

また、インターネットの普及が映像(テレビ)情報の配信だけでなく、IP電話やインターネット接続といった付加サービスの提供も行われている。

インターネットでも映像配信が簡単にできる時代、CATVならではの価値の提供が必要に
なってきている。この具体的な価値実現の一つとしてCATV事業会社が連携することで運営コストの削減やコンテンツの充実・強化を図ろうとしているようだ。

記事(日本経済新聞(2006.2.19)7面)には

 全国の主要CATV約70社がハイビジョン番組の配信や制作で提携する。光ファイバー回線網を共同利用して配信コストを低減。共同出資で独自番組も制作し、プログラムの魅力を高める。CATV各社が地域を越えて連携し、NTTや関西電力グループが光回線による放送で攻勢をかけているのに対抗する。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月17日

スターチャンネル、人気洋画見たいときに


 USENが進める無料の動画配信サイトGyaoの会員数が700万人を既に突破と。かなりのハイペースで会員を増やしている。また、有料での動画配信を前提にしていた「第2日本テレビ」もつい先ごろ、USENと同様に無料での視聴に舵を切り出した。

 と、ここのところインターネットを利用した映像配信がいくつかの会社でサービスが提供されるようになり、陣取り合戦が激しさを増しつつあるように感じる。

 こんな中、映画専用チャンネルのスター・チャンネルがCATVで、利用者が見たいときに見たい番組を選べるビデオ・オン・デマンド(VOD)サービスを始めるとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.2.17)13面)には

 ソニーグループや伊藤忠商事、東北新社などが出資する映画専門放送のスター・チャンネルは、ケーブルテレビ(CATV)で好きな時間に好みの洋画を視聴できるサービスを始める。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:34| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月16日

任天堂「DS」、「ワンセグ」受信ソフトでテレビに変身。

 今日は14時からseesaaのサーバーのディスク障害でブログが停止している。
この原稿を書いている21:54分現在もまだ利用できていない。
最近、企業におけるコンピュータシステムの重要性が増し、システムの障害が直ちに自社のビジネスに影響を及ぼすことから、システムに障害をもたらす様々なリスクを想定し、それらへの対策を事前に検討し準備しておくことで、もし障害が発生してもいち早くシステムを復旧して、業務を継続させるBCP(事業継続計画)が経営層のマネジメント要件となってきている。(経済産業省は昨年このBCPガイドラインを公開した)

 更に、このような計画を意識してシステムが構築され、決められた運用がされているか、そして当初の効果が発揮できているかといった監査も重要になってきている。

 このような観点で考えると、今回のseesaaのトラブルは復旧時間の長さから技術的問題というよりも経営面の問題と捉える必要があるといえるだろう。今後はこのような問題が起きないよう十分な対策を実施して欲しいものだ。

さて、本題の今日のトピックスとして、携帯型のゲーム機でもこの4月から始まる「ワンセグ」への対応を行うという記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2006.2.16)11面)には

 任天堂は、携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」向けに地上波デジタル放送を受信するソフトを年内にも発売すると発表した。携帯機器向けの地上波デジタル放送「ワンセグ」に対応し、テレビ番組の鮮明な画像を楽しめる。
DSはこれまでゲーム初心者向けのソフトで利用者を増やしてきたが、ゲーム以外の機能の拡充で購入者拡大に弾みをつける。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:59| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

放送局、ハード・ソフト分離検討。


 以前このブログの「放送と通信」のカテゴリで書いてきたことが、総務省の懇談会での検討課題になったようだ。


記事(日本経済新聞(2006.2.10)5面)には

 竹中平蔵総務相の私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」の松原聡座長(東洋大教授)は9日、日本記者クラブで講演した。「地上デジタル放送で伝送路が多様化すれば、ハード・ソフトの一致に意味があるのかという話になる」と述べ、地上放送局の放送設備(ハード)と番組制作(ソフト)事業の分離を検討課題とする考えを示した。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

番組のネット配信にらみ著作権法改正か。

 放送と通信の融合を促進する上で、通信の仕組みで番組を配信する場合に大きな障害となった著作権法が改正の方向で検討が進みだしたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.2.3)5面)には

 通信・放送の融合の本格化をにらみ、政府が著作権法の改正を含めた制度改革に着手した。テレビ番組などの映像コンテンツをより自由にインターネットで流せるようになれば、埋もれていた視聴者の需要を喚起。コンテンツ産業全体の成長を促せるとの判断だ。ただ権利団体などの反発は必至で、実現には曲折も予想される。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。