2006年06月21日

ブログ開設者向けにネット通販を支援


 総務省の調査ではこの3月末でのブログ開設者は868万人となっていました。ブログの手軽さから更に登録者は増えていると思われます。

 このようにブログ登録者が増えてきたことで、ブログに注目したビジネスが始まりだしたようです。先日は報酬連動型広告(アフリエイト)でしたが、単に広告ではなくブログを利用して商品そのものを売ってしまおうという仕組みができたようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.21)15面)には

 インターネット広告大手のサイバーエージェントは10月、ブログ開設者などを対象にネット通販の支援事業を始める。

運営会社(ストアファクトリ)を7月に設立。利用者は新会社が運営するサイトで商品を選び、自分のブログを通して販売できる。

サイバーは収益源の多様化と、将来の広告媒体として有望な個人ブログの開設者を取り込みを狙う。


続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:16| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

ヤフー、成果報酬型広告に現金制

 W杯での日本、いろいろ意見をお持ちの方はおられると思いますが、まだかすかに決勝トーナメント進出に向けた可能性があり、ホットしている方も多いのではないでしょうか。

 ブログ人口の増加に伴い、個人のブログに広告価値を見いだす企業が多くなりつつあるように感じます。こんな流れを受けて、ヤフーは楽天に比べ仮想商店街の店舗数で30%強ある差を、成果報酬型広告(アフリエイト広告)の強化で巻き返しを図るとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.6.19)11面)には

 ヤフーは9月から、同社の仮想商店街の店舗の販促策として、同社の通販売上増にネット上で協力した個人に報酬を現金で支払う新しいサービスを始める。

ネット通販では個人のブログの協力取り付けが重要性を増している。現金による報酬支払い制度を導入して、同部門で先行する楽天を追い上げる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:32| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

丸井、店頭全商品をネットでも販売へ


 ネットビジネスが始まりだした頃、「クリックアンドモルタル」という言葉があり、ネットビジネスで成功するためには、実店舗を持った確かなビジネスとネットビジネスとを組み合わせることが重要といわれていました。

 最近では、ネット証券のようにネット専業でビジネス基盤を作ってから、リアル店舗を持つというように変わってきたようにも思います。

駅のそばの丸井が、店舗にある全商品をネットで販売を始めるとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.6.13)13面)には

 丸井は全国の29直営店の店頭で扱う衣料・雑貨のほぼ全商品をインターネットを通じて販売する。

 店舗のない地方部の顧客を開拓するほか、社会人になり、来店する時間が少なくなった既存の顧客層をつなぎ留める。

 在庫の削減にもつながると見ている。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:15| 静岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

総合商社、映像コンテンツ事業で提携


 今日とりあげる記事もそうだが、最近、音楽、映像、書籍などといったコンテンツがネットでパソコンや携帯に配信するサービスが増えています。

 以前なら、このようなコンテンツをネットで受信しようとすると時間が沢山必要だったり、通信のための費用も高額になりましたが、最近ではこの2つの問題がクリアされてきたことと、ネットを利用する人の増加が、このようなサービスを増やす要因になっていると思われます。

 つまり、高速で安価な通信インフラと、映像コンテンツを視聴する環境は整ってきたことで、次はどれだけ消費者を引きつける魅力的なコンテンツを用意できるかがビジネスの成否を決めるようになってきたといえます。

 このコンテンツ供給事業に総合商社も積極的に進出するということのようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.6)13面)には

 総合商社がコンテンツ事業で相次ぎ提携する。
三井物産は松竹と映画制作や配給などで包括契約した。松竹への出資も検討する。

三菱商事と電通はアニメ制作や国内外での販売で提携する。

 インターネットや携帯電話などメディアの発達と多様化が進む中で、国際競争力を持つ日本の映像作品に制作から販売まで一貫して携わり、世界規模での事業拡大を目指す。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

ネット通販限定食品が売上を拡大

 ますますインターネットで買い物をする人が増えてきているように思う。
商品が多様化してきたこと、価格が割安なこと、時間を気にしなくても済むこと、送料負担が意外に少ないことなどがその要因のような気もします。

更に忘れてならないのが、価格よりもそこでしか買えないものがネットだと手軽に買えたりすることではないでしょうか。どうも食品ではこのような傾向が強いようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.3)37面)には

 大手食品メーカーがインターネット通販向けに限定して販売する商品が売れ行きを伸ばしている。健康に良いとされる成分を含んだ飲料や顧客の注文に合わせて加工した肉製品など、これまで十分に答えられなかったニーズをくみ取った商品だ。

近所のスーパーの品揃えには満足しきれない消費者の支持を集めている。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月10日

ネットカフェで市場調査


 最近、撤退したスーパーなどの空き店舗がネットカフェに改装されオープンされたケースを見かけることがあります。
 ネットカフェも、単にインターネットサービスと軽食といったサービスから、漫画、ゲーム、ビリヤード・卓球などサービスの複合化がすすみ、対象とする顧客層もグループやビジネスマンを取り込むなど多様化しているように思えます。

 このようなネットカフェの利用者をターゲットに市場調査を行うビジネスが誕生したようです。市場調査に協力してもらった顧客の施設利用料を割り引くことで調査への参加促進と顧客増をとの思惑もあるようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.10)15面)には

 漫画喫茶・インターネットカフェ運営のランシステムは自社店舗を活用し、6月から新製品などの市場調査を始める。来店者が店頭のネット接続用パソコンを使い、データサービス会社や食品メーカーなどが設定したアンケートに答える仕組み。回答者には施設利用料を割り引き回収率を高める。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:15| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月04日

高速道路の渋滞情報はライブ映像で確認を

 早いものでゴールデンウィークも半分を過ぎ、あす5日からUターンラッシュが始まると予想されています。
 特に出先から戻るときは疲れているだけに、余計イライラすることも多いように思います。イライラがつのると事故や同乗の家族に八つ当たりしたりとろくなことはないように思います。

 そんなとき渋滞情報を知る手段は高速道の音声での案内や電光掲示板それにラジオの情報などが頼りでした。しかしこれらで知らされる情報は、時間的に前の情報で現時点の正しい情報を示しているとは言えなかったように思います。

 ところが今朝ある民放の番組を見ていたら、高速道路の渋滞状況を携帯からライブ映像でチェックできるサービス(個人利用は月額199円)を紹介していました。

 つまり高速道路上のあらかじめ決められた場所(東名高速だと厚木付近)に設置された定点カメラのライブ映像で現時点の渋滞状況を携帯電話でリアルタイムに確認できるようです。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

フジTV、合同会社を活用し動画投稿サイト運営


 昨日、ビジネスの制度で大きな変化がありました。
それは、新しく会社法が施行されたことです。株式会社や有限会社などの制度が変わり、新たに合同会社(LLC)をつくることができるようになりました。一言で言うと事業形態や組織形態に合わせ柔軟に会社を起こすことができるようになる一方で、会社としての責任もそれなりに伴うようになったといえます。

会社法については中小企業庁の下記サイトを参照ください。
http://www.chusho.meti.go.jp/zaimu/kaisya/kaisyahou33/kaisyahou54.htm

 フジテレビがIT系の会社と、この会社法で誕生した合同会社を設立し、個人が制作した動画をインターネットで発表できるサイトの運営を行うとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.5.2)11面)には

 フジテレビジョンは1日、5月中旬にトランスコスモス傘下のIT会社と合同会社(日本版LLC)を設立し、個人が制作した動画をインターネット上で発表できるサイトの運営事業を始めると発表した。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

ゲーム大手のガンホーが海外市場に参入へ


 ゲームもインターネットの普及に合わせて、ネット上で相手と対戦したりするようなものに変化しているようです。またこれらゲームの収益モデルもゲームソフトの販売からゲームで利用するアイテムの販売などが主要な収益となっているゲームも現れているようです。
 
 また一方で、ゲームで利用する武器などがネット上で売買することができることもあり、子供たちへの影響を懸念する意見もあるようです。

 このようなオンラインゲームですが、日本のゲームがコンテンツとして優れていることから海外市場参入への検討が相次いでいるようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.26)15面)

 オンラインゲーム大手のガンホー・オンライン・エンターテイメントが海外市場に参入する。年内にも豪州などアジア・オセアニアの8カ国でサービスを開始。将来は北米市場の開拓も検討する。

日本には有力なゲームコンテンツが多い。ガンホーのようなゲーム専業による進出のほか、総合サイトがゲームをテコに海外市場に参入する動きが相次ぎそうだ。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

SNSで「口コミ」広告


 先日の総務省の発表では、3月末のSNSの登録者数が716万人と昨年の9月末の399万人から大きく登録者を増やしています。
 http://www.soumu.go.jp/s-news/2006/060413_2.html

 このように、SNS利用者が増えてきたことで、コミュニティの特性にあった商品やサービスの宣伝に、口コミ効果を期待した広告手段を始めるようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.25)15面)には

 SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)大手のグリーとはてなは、ネット広告の新手法を展開する。両社の合計70万人の会員基盤を生かし、ネット上の口コミ効果で新商品の認知度を高める。SNSは広告を収益源とするが会員が書き込む日記部分の周囲に貼り付ける単純な広告が大半で、手法を広げることが課題となっている。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:03| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

GW国内宿泊でネット予約浸透


 原油が市場最高値ということで、今後の景気に与える影響を懸念する向きもあるが、足下の景気は明るさを増しているようにも思えます。特に今年のゴールデンウィークは日並びにも恵まれており、旅行などの予約も好調のようです。

 そんな中、ネットでの宿泊予約も直前型から早めに予約する形に変わってきているようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.19)33面)には

 ゴールデンウィーク(GW)を控え、インターネットを使った宿泊予約の利用法に変化が見られる。宿泊間際に割引料金で予約するのが主流だったが、今年は通常料金で早めに予約する消費者が増えている。

ネット予約が浸透、施設の選択肢が増加しているほか旅行支出への意欲も強い。予約数や販売単価は前年を上回っている。間際予約のピークとなるはずのこの時期、掲載施設に品薄感が出ている。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:48| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

ネット上に新薬特許情報の流通市場立ち上げへ


 ネット上で取引される商品やサービスが拡大しています。
本来、対面で説明をしたり慎重に確認することが必要だった情報などもネット上で売買されるようです。

■ネットに新薬特許の流通市場・三菱UFJ信託と製薬20社(1面)
 http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2006041309577ba

 このような新薬の流通市場の狙いは、ベンチャーや大学が資金難で開発途上になっている優れた新薬技術や新薬につながる化学物質などを埋もれさせるのではなく、大手の製薬会社がこれらの情報をうまく活用し、新薬開発の効率化につなげることにあるようです。
 当然、製薬会社も開発中止品の情報の売り手としての参加もあるそうです。
仕組みとしては、情報の売り手は特許情報をサイトに登録し、買い手はこのサイトから必要な情報を検索して、実際の特許権の売買は第3社的な信託会社を経由して特許使用料の授受として行うようです。

 売り手は、開発中止になったものにも当然コストを掛けたことになるので、このコストを一部でも回収できることとなります。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:32| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

ロングテール


 今日は新聞休刊日なので、昨日に続き「インターネットの新潮流」を象徴する言葉として話題になっている「ロングテール」について少し触れてみます。


 ロングテールの意味は、文字通り「長いしっぽ」を表します。よく例に出されるのが本の通販サイトのamazonです。

 本は、ベストセラーといわれる特定のごく限られた本に多くの注文がある一方で、1年に1冊や数冊しか注文の入らない本の種類も非常に多くあります。

 これを売り上げの多い本の順にグラフ化するとまるで立ち上がった恐竜が横を向いている姿のようになり、ごく少ししか売れない本が無数にあるので、この恐竜のしっぽが地を這うように延々と続くグラフが描けます。

 しかし、amazon全体の売り上げを見てみると、年に少ししか売れない本もその種類が膨大なため合計すると、売り上げ全体の中では大きなウエイトを占めてくるようになるそうです。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:01| 静岡 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

インターネットの新しい潮流

 本日(2006.04.09)の日本経済新聞には、ブログで取り上げたいネット社会に関する記事がありませんでした。そこで最近注目されているインターネットの新しい潮流のweb2.0について少し書きます。

 web2.0というのは、明確な定義がはっきりとはしていませんが、新しい方向性を示している概念のようなものです。

詳しくは、 http://web2.0.sophia-it.com/ を参照してください。

梅田望夫氏の「ウェブ進化論」という本が話題になっていますが、この本も参考になると思います。

 webがこのような新しい活用フェーズに移りつつある最大の要因は、パソコンが高性能になりしかもビジネスコストで見ると極めて安価になったこと。それにいろいろな人々とネットワークするための通信コストも、ここにきて高速でしかも安価になってきたこと。そしてこのような背景を受けてネットを利用する人々が多くなってきたことなどがあげられるようです。

 明日は新聞の休刊日ですので、web2.0の象徴のような「ロングテール」について少し書きます。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:02| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月31日

ネットと金融の融合加速

 
 ポータルサイト利用者への利便性を高めるため、外部に依頼してきた決済業務を取り込む動きが出てきたようだ。ポータルサイトの宿命あるいは使命としてネット上のあらゆるサービスの入り口として機能することが求められる。その結果商取引が生まれ決済も必要になる。この決済も銀行などの外部に依頼するのではなく、サイトの中で決済を行うことで、利用者のサービス向上、集客力の向上を狙うようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.31)7面)には

 ポータルサイト運営最大手のヤフーが三井住友銀行、同行子会社のジャパンネット銀行と資本・業務提携し、銀行業に進出する。ネット大手とメガバンク初の提携で、ネットと金融の担い手やサービスの融合が一段と進む。生い立ちや風土がかけ離れているといわれるITと伝統的な金融機関が、迅速に新事業モデルを打ち出せるかが、課題だ。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:43| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

バンダイネット、携帯広告に参入


 最近無料の情報誌であるフリーペーパーが注目されているようだ。利用者には無料で情報を提供しながら、情報誌を発行する発行元はその情報誌に掲載する企業から料金を得ることで収益を確保している。発行部数の伸びが掲載企業からの収入を左右する仕組みのようだ。視聴率がCMの料金を左右する民放業界と同じ仕組みだ。

 このようなモデルが当然ネットの世界でもいろいろ存在する。むしろいろいろな収益モデルが誕生し活発化しているように思える。携帯電話向けのコンテンツでは、iモードがスタートした当初から有料コンテンツが定着していたが、この流れが変わりそうな動きが出てきたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.20)11面)には

 バンダイグループで携帯向け情報配信を手がけるバンダイネットワークスは、携帯向け広告事業に参入する。東急エージェンシーと組んで携帯向けの情報サイトを開設。消費者には無料でゲームや着信メロディーなどのコンテンツを提供するが、広告を掲載することで収益化する。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:18| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

ポイント制で健康支援、歩いてギフト券ゲット

 高齢化が進んでいることもあり、健康への関心が高まっている。
遊歩道などを散歩している人、スポーツジムに通う人、ウォークラリーに参加する人に高齢者の姿が目立っているように思う。

 車社会であること、エスカレータやエレベータの整備が進んでいることなどから、日常生活ではめっきり体を動かさないようになってしまったように感じる。

 成人病検診で中性脂肪などの問題を指摘される人が多いようだ。

しかし、運動の必要性は認識しても毎日歩き続けたりと運動を継続するには、強い意志が必要とされる。

 このような課題を解決し、ウォーキングにお得感を持たせるサービスが始まるようだ。
記事(日本経済新聞(2006.3.18)13面)には

 NTTデータは4月から、1日の歩数に応じてギフト券などに交換できるポイントがたまる会員制の健康づくり支援サービスを始める。1万歩に達するとボーナスポイントが加算されるなど、楽しみながら歩き続けられる仕組み。健康保険組合への呼びかけやインターネットの広告などで広く会員を募り、5万人の獲得を目指す。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:01| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

消費者の本音、ブログから収集


 総務省の調査ではブログ利用者は昨年9月末に473万人とあったように、簡単に誰もが情報発信できるツールとしてブログは定着しつつあるように思う。
最近では、個人が自由に情報を発信するツールとしてだけではなく、企業が情報提供手段や広告、消費者とのコミュニケーションなどのツールとしても利用されるようになってきている。

 このようなブログや掲示板といったネット上の書き込み情報を分析し、ビジネスに役立てるサービスが誕生し始めたようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.13)11面)には

 ネットの書き込みには好き嫌いを含めて、消費者の本音の評価があふれる。「口コミ」を素早く集められる新しいマーケティング手法として注目を集めそうだ。続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:26| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

ヤフーが人脈拡大などに便利なSNSに参入

 ブログと並び最近注目されているものにSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)がある。現時点ではミクシィ(mixi)が多くの会員を持っているようだ。

 ミクシィの特長は、既に会員になっている人から招待を受けないと会員になれない。ブログや発言はニックネームを使用するが、プロフィールにはわりと名前などが書かれている。その人のお友達が誰か、何人いるか、ミクシィ上のどんなコミュニティに参加しているか、最近書いたブログのタイトルは、といったことがわかる。

 だから、もし新たに知り合いになるときには、その人となりがある程度は推測できる。その意味で全く人柄の分からない掲示板などとは違った、コミュニティができる。
更に、既に知っている人をミクシィの中で発見したり、友達の友達ということで人脈が広がったりという楽しみもある。

 参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/Mixi 
    フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 このようなSNSサービスにヤフーも参入するとのことだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.2)13面)には

 ヤフーは1日、友人との交流や人脈開拓に使えることで人気のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)に参入した。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:39| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

ネットで検索した情報をカーナビへ転送


 移動体に対してのネットワーク技術の進化もあり、徐々に自動車もネットで武装されるようになってきたように感じる。まさに移動するオフィスとなる日も、そう遠くないのかもしれない。

 そして自動車もインターネットの中に組み入れられることで、利用者にとって非常に利便性の高い仕組みが実現されそうだ。こんな世界が近づくような感じのする、ドコモが開発したカーナビと連携が取れるシステムについての記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.28)11面)には、

 NTTドコモはカーナビゲーションに、外部のパソコンや携帯電話で検索した目的地情報を表示するシステムを開発した。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:43| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。