2006年09月27日

電子決済の共用読み取り端末を開発

 Edyやsuicaといった少額決済用のプリペイド方式の電子マネーや、iD、スマートプラス、クイックペイといった後払い方式の電子クレジットカードがあり、これらの機能が携帯電話で利用できることもあり急速に普及を始めています。

 しかし、これらの電子決済サービスは、名前が違うと情報の持ち方が異なるためそれぞれの形式に応じた端末装置で扱う必要があります。

 つまり、お店にすればいくつも端末をおけないからどれかを選択するか、もしくはなりふり構わず規格に合わせた端末を複数台設置するかという問題が発生しますし、

 利用者から見れば、自分が契約している電子マネーがお店によっては利用できないという不便が起きることになります。

 今回、NECが開発した端末は1台でこれら代表的な電子マネーが扱えるので、お店にとっても利用者にとってもありがたい機能を提供してくれることになります。

 ICカードインタフェースがいずれのサービスでもフェリカというソニーが定めた規格を利用していたことが、共用端末の出現を容易にしたといえます。

以下、記事(日本経済新聞、2006.9.27、13面)の概要です。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

ドコモやJCB、携帯クレジットの端末共通化


 携帯電話の第三世代への移行が順調に進んでいるようで、おサイフケータイ機能を搭載した機種が増えているようです。(ドコモだけでも1200万台が出荷されているようです)
 一方携帯電話を利用したクレジット決済機能には現時点で3種類の方式があります。利用者の混乱を避ける意味からも仕様の統一が望まれるところでしたが、当面は読み取り端末を工夫することで対応するようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.25、1面)には

 NTTドコモ、三井住友カード、ジェーシービー(JCB)、トヨタファイナンスの4社は、携帯電話をかざして買い物する「携帯クレジット」の共通読み取り端末を開発し、11月にも設置を始めることで合意した。

2007年3月末までに5万―10万台の設置をめざす。携帯クレジットは規格がばらばらで利用者にわかりづらかった。共通端末の登場により普及に弾みがつきそうだ。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:03| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

7&I、小売・金融一体の多機能電子マネー発行

 昨年の11月30日に、来春セブンアイが独自の電子マネーを導入すると発表しました。

その後今年の5月19日には、店頭に設置する電子マネー読み取り機を自社の電子マネーだけでなくEdyやsuicaにも対応できるようにすると発表していました。

 そして今日の記事では、共通化端末に加えクレジットカードや銀行のキャッシュカードとも一体化した多機能型のカードを発行することにしたようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.9、11面)には

 セブン&アイ・ホールディングスは2008年をめどに、電子マネーとクレジットカード、銀行キャッシュカードを一体化した多機能カードを発行する。

買い物や現金引き出しなど客が頻繁に使う小売り・金融取引が1枚でできる。

コンビニエンスストア業界では複数の電子マネーが利用できる共用読み取り機が普及する見通しで、利便性の高い多機能カードの導入で他チェーンとの違いを打ち出す。



続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:08| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

モバイルスイカに銀行口座から直接入金


 先頃、JR3社が電子マネーの相互利用を進めるとアナウンスしていただけに、ますます便利になると思われるスイカですが、携帯用のモバイルスイカへの入金が携帯からの操作で入金が可能になるようです。

記事(日本経済新聞(2006.7.13)1面)には

 JR東日本は携帯電話を使った電子マネーサービス「モバイルsuica(スイカ)」で、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の大手三行と提携する。

利用者の預金口座から携帯電話に電子マネーを直接入金できるようにする。

携帯を財布や乗車券代わりに使う場合の利便性が高まり、携帯マネーの普及に弾みがつきそうだ。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:52| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

スイカとイコカとトイカが相互利用へ


 ワールドカップサッカー、PK戦によるイタリアの優勝で幕を閉じました。
世界のレベルの高さを見せつけられた大会だったようにも感じています。

4年後は南アフリカでの開催となるようですが、ネットで観戦するのが当たり前になっているかも知れないですね。

 さて、本日は新聞の休刊日ですので、NIKKEI-NETの記事から、JR各社のICカードが相互利用できるという記事を取り上げます。


■JR3社のスイカとイコカとトイカ、08年度メドに相互利用
 東日本旅客鉄道(JR東日本)と東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)の3社は2008年度をメドにICカード乗車券を相互利用できるようにする方針を固めた。JR東海が今秋から中部圏で導入するICカード「トイカ」をJR東日本の「スイカ」、JR西日本の「イコカ」の仕様と共通化。加えて各社は新幹線でも携帯電話を切符代わりにする方式を導入する考え。

 これにより青森から博多まで在来線・新幹線ともに切符を買わずに乗り降りが可能になる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:39| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

現金を持たずに海水浴へ


 携帯でも扱えるなどから普及が進む電子マネー。
これからはリゾート地でも電子マネーが利用できるようになりそうです。
現金を持ち歩かなくて良いので、安全面でも重宝しそうな気がします。

記事(日本経済新聞(2006.7.1)13面)には

 電子決済のデジタルチェックは30日、海水浴場やスキー場などのリゾート地向けに地域密着型の電子マネーを発行すると発表した。

7月から湘南・鎌倉地域の海水浴場などで使える磁気カード型電子マネー「湘南チェック」を発行し、現金を持たずに海の家などを利用できるようにする。

 顧客、店舗経営者の双方にとって悩みの種である現金の取扱を不要にする。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

パソコンでのEdy決済の普及に共同プロジェクト

 おサイフケータイの普及により、電子マネーも本格的な利用フェーズになりつつあります。しかし、パソコンでネットショッピングをした決済に、Edyを利用しようとすると、別途Edyカードなどの読み取り機などを準備する必要があり、普及していませんでした。

 このような問題への対応を共同プロジェクトで行うようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.14)13面)には

 インテル、マイクロソフト、電子マネー「エディ」を運営するビットワレットの3社は、パソコンでの電子マネー決済の普及を目指す共同プロジェクトを発表した。

 実証実験やPRを通じてパソコンメーカーやネットサービス会社に導入を呼びかける。1年後にエディ対応パソコンなどの出荷数を3倍に、対応サイトを2倍増やす目標。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

JR東とヤフー、電子マネーで組む。

 先日来、複数の電子マネーの規格に対応できる共通の読み取り機を開発するための提携や携帯電話での音楽プレーヤー実現のための提携などと、今後成長しそうな市場のサービスや商品開発での話題が毎日続いているような気がします。

それだけ、競争が激しくしかも今競争に勝たないとビジネスにならないという危機感もあるように思います。特にネット関連のビジネスでは勝者だけが大きな市場と利益を獲得できる世界といえます。

 JR東の乗車券の決済機能から店舗で小口決済として利用できる電子マネーとしての存在を強めつつある「suica」ですが、ネット上の決済にも利用できるようになるようです。

記事(日本経済新聞(2006.5.23)11面)には

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とヤフーは22日、電子決済事業で提携すると発表した。
JR東の電子マネー「スイカ」を使ってネット上で買い物ができるほか、両社の提携カード発行し、相互のポイント利用を可能にする。

 実際の店舗ではセブン&アイ・ホールディングスが複数の電子マネーが使える共通端末づくりを進めている。JR東はヤフーと組み、ネット決済の拡充で利便性を高める。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:10| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月19日

セブン&アイ、電子マネー共通端末を来秋導入へ


 Edy,suicaなどに加え携帯を利用したクレジットといった電子マネーが急速に普及を始めています。この電子マネーの普及が硬貨発行量の減少という形でも現れているようです。

 しかしこのブログで何度も取り上げましたが、電子マネーやクレジットの規格が複数あり、現状では読み取り端末に互換性が無いため利用者にとって分かりづらく、混乱を招く恐れがあるので、規格の標準化もしくは複数の規格を扱えるような仕組み作りの必要性を指摘してきました。

 本日、共通端末に向けた具体的な動きを示す記事がありましたのでこれを取り上げます。

記事(日本経済新聞(2006.5.19)1面)には

 セブン&アイ・ホールディングスは2007年秋をメドに、「スイカ」、「エディ」などのほか自社で発行する電子マネー決済にも使える共通の店頭端末をセブンイレブンなどグループ店舗に導入する方向で提携交渉に入った。

電子マネーの利用額はここ数年急増しているが、運営会社によって店頭端末が異なるため利用店が限られている。セブン&アイは国内最大の店舗網を持つ強みを生かし共通端末を導入、電子マネーの普及を後押しする。

 セブン&アイは来春から独自規格の前払い式電子マネー「nananco(ナナコ)」を発行し初年度1000万枚の顧客獲得を目指す。これと並行し、グループ小売店の集客力を高めるため、他社の電子マネーも利用できる仕組みを取り入れる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:49| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

携帯マネーに新顔が登場、三つどもえに


 携帯電話を利用した新しいタイプの電子マネーが来年登場しそうです。
あらかじめ入金をしておいて少額の決済に利用するEdyやsuicaと後払いで比較的高額の決済が可能なクレジットカードタイプの2種類に、今回はあらかじめ銀行口座を開設しておき、決済時にはこの預金口座から引き落とされるタイプとのことです。
 従来からあった電子マネーにも実現方式がいくつかあり、利用する場面では自分が持っている電子マネーが利用できるのかの確認が必要でしたが、今回の方式が加わることで組み合わせが更に複雑になっていきそうです。

 また本日の夕刊にもありましたが、高速道路のサービスエリアなどで携帯クレジット(スマートプラス)での決済ができるようになるという記事があったように、各社陣取り合戦も睨みながら、電子マネーの利用範囲は着実に拡大しているようです。

記事(日本経済新聞(2006.4.27)3面)には

 三菱東京UFJ銀行とKDDIは、2007年春にも携帯電話を使って決済する新銀行を設立する。auの携帯電話を使用しインターネット上で買い物決済ができるサービスを始める。小売店で携帯電話をかざすだけで、代金を預金口座から引き落とす新サービスも検討している。
 「携帯電話マネー」にはすでに電子マネー、携帯クレジットの二つがあり、今回の新方式を含めた三つどもえの競争になる。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 19:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

携帯クレジット、読み取り端末共通化


 今まで、このブログでもいくつか取り上げてきた携帯クレジットについて、ちょっと消費者にとって嬉しい記事があった。今まで3方式だったクレジットカードの方式のうち2つが共通で利用できることになるとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.4.22)1面)には

 NTTドコモとJCBは、携帯電話をかざすだけで買い物ができる「携帯クレジット」の読み取り端末を共通化する方針を固めた。
携帯クレジットには3つの規格があるが、規格ごとに端末がバラバラで利用者にはわかりづらい。携帯クレジットの読み取り端末の共通化は初めてで、普及を後押ししそうだ。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 18:06| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

タクシー代、スイカで支払いOKへ。

 2006.4.12付日本経済新聞(朝刊)から

タクシーでもスイカOK。(13面)
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2006041106526aa

 EdyやクレジットのiDでタクシー料金が支払えるというニュースがすでにありましたが、スイカでのタクシー代支払も可能になるようです。

 電子マネーの方式が一つに統合されない限り、その陣取り合戦が激しくなるのは当然で、より多くのお店やタクシーなどで決済できることが生き残りの条件といえます。

 大手流通、クレジット会社なども入り交じって、ますます電子マネーの争いは激しさを増していくように思います。そして確実に電子マネーの利用範囲の拡大と普及が加速していくことでしょう。近いうちに電子マネーが小口決済の常識になることでしょう。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:56| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

ドコモが独自のクレジットカード発行へ

 本日で丁度ブログを書き始めて300日目になります。
よく続いたものだと、我ながら驚いています。

 これを機会にブログの形も少し変化させてみたいと思います。

2006.4.4付の日本経済新聞11面には

 ドコモが独自のクレジットカードの発行を始め、携帯電話を利用した決済事業の強化を行うとありました。

☆関連記事

NTTドコモがクレジット事業に参入、携帯料金との一括請求も
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060404/234524/

ドコモは1200万人に月1万円の与信を与えます
http://www.atmarkit.co.jp/news/200604/05/dcmx.html

 方式は、三井住友カードと進めているiDの仕組みを利用します。
 クレジットのタイプは小口決済を意識した利用限度額が月額1万円のDCMXミニと
契約利用限度額の範囲内のDCMXの2種類となっています。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:57| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月04日

「電子商品券」を通販共通で


 最近、電子マネーのEdyやsuica、それにiDやスマートプラスといった電子クレジットカードなどのサービスがその広がりを増やしつつあり、利用できる店舗も拡大している。

 広い意味での電子マネーが市民権を確立し、携帯電話でもこれら機能が使えるようになり、決済手段として定着しつつあるように思う。

 これらの動きに加え、贈り物などに重宝されている商品券も電子化がされるようだ。

記事(日本経済新聞(2006.4.4)15面)には

 商品券開発の電子金券開発は今夏から、千趣会やベルーナなど様々なカタログ通販で使える共通の「電子商品券」の運用を始める。商品券に暗号化したIDを記載し、偽造や不正利用を難しくした。手始めに企業が顧客に景品を配布する際に利用できる600円分の金券を発行し、普及を促す。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

ETC、サイフ代わりに。国交省が利用解放へ。


 最近高速道路を利用するとETC専用ゲートを通過する車が以前よりも増えたような気がする。早朝深夜割引や通勤割引などETC利用車だけの割引制度や、利用によるポイントなどの施策が利用を増やしてきたのだろう。

 しかし、1年に1、2回程度しか有料道路を利用しない人から見るとETCを搭載するのには抵抗感があるだろう。そこで以前からできると便利だといわれていたETCの有料道路以外での決済がいよいよ現実になりそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.30)1面)には

 国土交通省は2006年度から、自動車に搭載する高速道路の自動料金収受システム(ETC)を、ガソリンスタンドなど様々な料金支払いに使えるよう制度を改める。いまは非公開のETCの暗証番号を民間企業に解放し、読み取り機を使えば本人確認ができ、口座から料金を引き落とせるようにする。車自体がサイフ代わりとなり、マネーの電子化、キャッシュレス化がさらに進む。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

非接触IC決済に4番目の規格が登場


 イオンやam/pmの店舗でもNTTドコモが進める「iD」を使えるようにするという記事があった。このように非接触型のICカードによるクレジットカードとしての利用がますます拡大しそうな勢いになってきた。しかもこのクレジットカードの仕組みは「おサイフケータイ」機能が搭載された携帯電話でも利用できるようになってきている。

 一方で、現在「iD」方式を含め3種類の異なった規格が存在するが、さらに新たな規格がスタートするようだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.28)7面)には

 信販大手のオリエントコーポレーションは4月、クレジットカードを読み取り端末にかざすだけで買い物ができる非接触型IC決済の新サービスを始める。米マスターカードが世界で展開する国際規格「ペイパス」を国内で初めて導入する。新規格の登場で非接触型IC決済の競争が激しくなりそうだ。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:47| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

タクシー料金も携帯クレジットで。


 3月3日に、タクシー代金の決済に電子マネーのEdyが使えるようになるという記事を取り上げた。
今度は、都内のタクシー代金を携帯電話のクレジット機能(iD)で決済ができるようになるようだ。

 Edyだとあらかじめ入金を済ませておく必要があるが、クレジットなら入金しておく必要がないことで、より利便性が高まるような気がする。

記事(日本経済新聞(2006.3.23)35面)には

 都内のタクシー事業者64社が参加する東京無線協同組合は三井住友カードとNTTドコモの携帯電話を使ったクレジット決済サービス「iD」を8月から始める。
iDのタクシー導入は初めて。年内をメドに約5千5百台に決済端末を順次搭載、運賃を払えるようにする。



続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:04| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

携帯クレジットカード、2社連携

 携帯電話による決済機能が、小口の現金決済に加えクレジット決済が普及しそうな勢いだ。しかし現状では相互に互換性のない3種類の方式があり、端末を用意する店舗側も利用する側の消費者も対応できる店のみでの利用となるため、お互い不便を感じる状況にある。

 このような問題を解決する動きが具体化しそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.17)7面)には

 クレジットカード大手のUFJニコスとビザ・インターナショナルは16日、カード代わりに携帯電話で買い物ができる「携帯クレジット」で提携すると正式発表した。
続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ドコモ、みずほ銀と提携。UCカードも携帯でクレジット


 今日(4日)もまた電子マネー関連の話題になってしまいました。

これだけ毎日新聞紙上を賑わすということは、いよいよ本格的な普及次期に来たことを示しているのかもしれない。

NTTドコモの携帯で利用できるクレジットカードの種類がまた一つ増えそうだ。

記事(日本経済新聞(2006.3.4)1面)には

 NTTドコモとみずほ銀行が金融事業で提携する。みずほ銀の子会社ユーシー(UC)カードにドコモが18%出資、携帯電話で決済する「携帯クレジット」サービスを共同で提供。ドコモの携帯販売店でみずほ銀の個人ローンを紹介するなど銀行代理業務を手掛ける検討にも入った。ドコモは携帯市場の飽和で金融分野への進出を急ぎ、みずほはドコモの5千万人顧客をテコにリテール分野を強化する。

続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

タクシー代にエディ、2000台で発進。

 ここ最近景気の流れが改善してきたこともあり、長らく低迷していたタクシー業界にも明るさが見えてきているようだ。

 タクシーに乗車し目的地に着き料金を精算するとき、小銭がなかったり、お釣りのやり取りで手間取ったりとすることが急いでいるときに限ってよくある。このとき顧客がタクシー運転手に不快感を感じたり、逆に運転手が顧客のしぐさなどでイライラしていることがよくある。

 このような顧客や運転手のイライラを改善できる可能性が見えてきたように思う。
電子マネー「Edy」でのタクシー利用料金の支払が可能になるとのことのようです。

記事(日本経済新聞(2006.3.3)12面)には

 電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレット(東京・品川)は2日、首都圏のタクシー2社がエディ決済端末を導入し、5月から順次料金支払ができるようになると発表した。
エディが使えるタクシーは初めて。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 20:33| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(4) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。