2005年10月30日

1SEG(ワンセグ)が放送と通信の融合を加速?

 日曜日の新聞には、あまりネット社会の記事が掲載されないので、昨日届いた日経情報ストラテジー12月号の3分間キーワードから「ワンセグ」という言葉を取り上げます。
この「ワンセグ」は、放送と通信(インターネット)との融合を加速させる可能性を秘めているそうです。

記事(日経情報ストラテジー12月号)の「ワンセグ」という言葉の用語解説によると

 「ワンセグ」というのは、全国45のテレビ局による1セグメント放送の受信サービスのことで、来年の4月からスタートするそうです。(9月27日に発表)


 ワンセグ(1セグメント)放送は、地上デジタル放送方式の1つで、受信時の消費電力を低く抑えてあることが特徴です。このため小型のバッテリーで駆動する機器でも長時間視聴できます。このお陰で来年の4月には、携帯電話でデジタル放送が見れるようになるそうです。


続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経情報ストラテジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。