2005年11月15日

ネット証券250万口座へ。

 先日、東証のシステム障害が話題になって、その影響の大きさを示していました。
今日はネット証券で株取引をする人が増えているという話題を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005-11-15)1面)には

 インターネット専業証券大手5社の口座数が急拡大している。
株式相場の活況に加え、各社が携帯電話による新サービスなども拡充していることを受け、合計口座数は11月中にも250万を超える見通しだ。

売買高の急増に伴いシステム障害も頻発しており、各社は対応を急いでいる。

 大手5社合計口座は2003年末に100万口座を超え、今年6月に200万に達した。8月以降の相場急上昇で口座数拡大に弾みが付き、10月末には238万3千と前年同期に比べて61%増加。
11月に入りペースが加速している。ここにきて口座を開設しているのは初めて株取引を始める個人投資家が多い。


イートレード証券の場合、新規口座開設のうち6割が未経験者という。

 新規顧客を取り込むために、各社は携帯電話を使うサービスに力を入れている。携帯でネット証券のサイトを開き、携帯面を通じて株の売買ができるサービスはサラリーマン層を中心に人気を呼んでいる。

 松井証券は10月から携帯専用の口座開設の受付を始めた。既に3千件程度の申し込みがあった。

 マネックス・ビーンズ証券は早ければ携帯の画面上で株価が自動的に更新される売買サービスの提供を始める。


とある。


 この記事を読むと、株取引の経験がなかった人が新たに株取引を始めているとのことだ。

この背景には、ネット証券では売買の手数料が安いこと、売買単位が小さくなり小額での取引が可能になったなどから、比較的少ない資金で始められるということが考えられる。
更に低金利時代が長く続いていることから、株の配当のほうが金利を大幅に上回まってきていること、景気回復が見えてきたことから株価が上層傾向にあるといったことも大きな要素を占めているといえるのではないでしょうか。


 記事では、更に携帯を使った取引へのサービスが充実し始めているとのようです。
良いタイミングで売買するにはいつでも売買できる必要があるということで、携帯が有利ということだと思います。

 ますます利便性を高める方向で各社がしのぎを削っているということだと思います。

注意すべきは、投資リスクに気を配ることが重要なので間違ってもなけなしの資金で投資をすることだけは避けるようにしたいものだ。



本日のその他の記事
・ネット証券、250万口座へ。(1面)
・11億人の足音:台頭インド経済(下)IT・医薬、日本に浸透。(1面)
・米モジラの無償閲覧ソフト、世界シェア2ケタに。(9面)
・携帯各社、海外で苦戦。高機能機で競合、韓国と価格競争。(12面)
・スフと開発のユークス、新日本プロレスを子会社化。(12面)
・日立の高性能ICタグ、国連会議の入館証に。(12面)
・ポノポノITCネットと組み、商品モニター体験記をブログとQRコードで配信。(15面)
・人材紹介・求人広告のベンチャー、女性社員の転職支援に。(15面)
・アイティーコーディネート、病名から各種医療情報検索できる医療情報ソフト開発。(15面)



posted by ネット社会の水先案内人 at 23:25| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。