2005年11月05日

「スイカ」で駐車料金を決済。(27面)

 Edyやスイカといった電子マネーの普及を後押しするようなサービスが始まるようです。今日はこの記事を取り上げてみます。

記事(日本経済新聞(2005.11.5))には

 駐車場運営最大手のパーク24は、全国で始めて東日本旅客鉄道(JR東日本)の電子マネー「suica(スイカ)」による駐車料金の決済サービスを始めた。
今後、スイカの導入先がJR施設内以外にも順次、広がりそうだ。

 第1弾としてJR川崎駅前の立体駐車場(収容台数は290台)にスイカ用の決済端末を導入した。
精算作業を簡素化して駐車場サービスの利便性を高めるのが狙い。

これにより、利用者が退場時に小銭を取り出す必要がなくなり、駅周辺の駐車場に車を止めて鉄道を利用するドライバーは鉄道サービスと決済手段を一元化できる。

 同社はJR東日本の駅周辺にあるパーク24の自社駐車場への導入を検討する方針だ。


とある。


 駐車場を出るとき、無人の精算機だと小銭を入れるのが意外と大変なときがある。
時にはコイン入れそこねて落とすこともある。

その意味で、このような電子マネーで簡単に決済できることはありがたいといえる。

駅周辺の駐車場ということでスイカを選んだのだと思うが、何故ETCやEdyではないのだろう。

もしETCなら、精算時機械に触れることなく簡単に出庫できるだろう。
またEdyなら「おサイフケータイ」が利用できるので、JR東日本を利用しない人(スイカを持たない人)も利用できる。

いずれにしても、今後このように「少額決済は電子マネーで」ということが多くなるだろう。

そこで早めに電子マネーの標準化や互換性を確保しておくことが、更なる普及と利便性のためには重要なのではないだろうか。



本日のその他の記事
・TBS、楽天の提案検討結果、月内メドに纏める方針。(3面)
・東証トラブル、来週半ばに原因公表。(5面)
・米フォーブス誌発表、中国にもIT長者。(6面)
・米の新聞再編の動き、業界2位大株主が身売り提案。(7面)
・富士ゼロックス、ラベルに隠しデータ。バーコードを代替。(11面)
・ソースネクスト、スーパー特売情報検索ソフトを発売。(27面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 14:47| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。