2005年10月30日

1SEG(ワンセグ)が放送と通信の融合を加速?

 日曜日の新聞には、あまりネット社会の記事が掲載されないので、昨日届いた日経情報ストラテジー12月号の3分間キーワードから「ワンセグ」という言葉を取り上げます。
この「ワンセグ」は、放送と通信(インターネット)との融合を加速させる可能性を秘めているそうです。

記事(日経情報ストラテジー12月号)の「ワンセグ」という言葉の用語解説によると

 「ワンセグ」というのは、全国45のテレビ局による1セグメント放送の受信サービスのことで、来年の4月からスタートするそうです。(9月27日に発表)


 ワンセグ(1セグメント)放送は、地上デジタル放送方式の1つで、受信時の消費電力を低く抑えてあることが特徴です。このため小型のバッテリーで駆動する機器でも長時間視聴できます。このお陰で来年の4月には、携帯電話でデジタル放送が見れるようになるそうです。


 また地上デジタル放送方式は、受信機を車などに載せて移動している状態でも映像が乱れにくい長所を持っています。

 さらに地上デジタル放送では、番組の映像や音声と同時にデータを受信できます。
この特徴を生かせば、画面の下部に番組の解説などの情報や、ウェブサイトへのリンク情報も表示できます。

現在の携帯電話の大半はウェブブラウザーを搭載しているので、ワンセグの商用化によって放送と通信(インターネット)の世界の融合が加速するかもしれません。

 *「ワンセグ」という言葉は、地上デジタル放送推進協議会が発表したものです。
 もう少し詳しい情報は下記を参照ください。
  http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/25808.html

とのことです。

 楽天とTBSが経営統合でもめていますが、技術はこのような世界とは関係なく進化し続けているようです。

 携帯電話でテレビが見れてどんな意味があるの?という指摘があるかと思いますが見ることが出来ないより、見えたほうが役に立つ場面があることでしょう。

しかし、無線(電波)での通信は訳が判らなくなってきたように感じます。

同じデジタルテレビを見る方法に、

・放送電波を利用する方法
 地上デジタル放送の電波を使う方法(今回のワンセグもこの方法)があり
 この放送電波の中でインターネットが利用できます。

・次世代無線LANを利用する方法
 総務省などがu−Japanの一環で進めている高速の無線によるデータ通信網の整備が2007年を目標に計画されており、一方で総務省は地上デジタル放送のインターネットでの放送を認めるような動きをしています。このときのインターネットはFTTHなどということで、ケーブルテレビ相当を意識しているようですが、技術的には高速無線LANでもデジタル放送を流すことが出来るように考えられます。
 だとすると、こちらのほうでもテレビも見ることが出来ますし、インターネットも出来ることになります。

携帯電話から見れば、現行のiモードなどと親和性が強いのは無線LANを利用するほうではないかと、個人的には思っています。

どちらにしても、最終的には携帯電話に組み込むソフトウェアでどうにでもなる世界のような気もします。しかし効率や開発コストを考えるとどちらかに統一したほうが得なような感じがしないでもないです。

極論すると、放送法、電波法を抜本的に見直す必要があるように思います。

残念ながら消費者の戸惑いは当分続くのかもしれないですね。
 


本日のその他の記事
・経産省、ネット取引の免責ルール作り着手。(3面)
・楽天と米ネット企業比較。業績、市場創造力で米に軍配。(7面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:35| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経情報ストラテジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。土曜日のITCの研修会で聞いてやってきました。頑張ってチェックしにやって来ますので、よろしくお願いします。
Posted by おじん堂 at 2005年10月31日 15:27
おじん堂さん

 土曜日はお疲れ様でした。
 せっかく準備していた肝心のデモが不発に終わりご迷惑をお掛けしました。

 気が向いた時にコメントなどいただければ幸いです。

 こんごともよろしくお願いします。
Posted by ブログオーナー at 2005年10月31日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。