2005年10月18日

電子マネーなど法整備に向け議論。(7面)

 おサイフケータイやスイカなど電子マネー、電子決済が急速に普及しだしましたが、今後の普及の中でのトラブルを防止するため、法整備に向け動き出すようです。

記事(日本経済新聞(2005.10.18))には

 首相の諮問機関、金融審議会のIT作業部会は17日、電子マネーやインターネット商店街のポイント制など新しい電子決済手段に関する法整備に向けた議論を始めた。

電子マネーを発行している企業などを対象に聞き取り調査し、来春にも偽造や不正使用の防止など、普及に向けた課題を洗い出す。


 電子マネーはカードや携帯電話にICチップを搭載したプリペイドカードの一種。JR東日本が運賃の支払いや買い物が出来る「スイカ」を発行している。
金融機関などもコンビニや飲食チェーンで使える「エディ」の普及を図っている。
小額決済の手段として急速に広がっており硬貨の流通枚数に影響を与えるほどの規模になっている。

 新しい決済手段については、現在、大きなトラブルは生じていないとされる。
ただ、図書券やビール券を規制する法律を適用するなど、急速な普及に法整備が追いついていない面もある。利用履歴などの個人情報の乱用や盗難カードの不正使用などが問題になる可能性も指摘されている。

 作業部会では、取扱企業からの普及の状況や利用者との間の契約内容などを聞く。
海外の事例も調べてどのような問題が起きるかを検討する。


とある。

 最近の法律改正はこのようにネット社会に関係するものが多くなってきたように感じる。
 個人情報保護法、e-文書法などこの4月に施行された法律もネット社会に対応した法律といえる。

個人情報保護も顧客情報が電子化されたことで一度に大量のデータの持ち出しが可能になったり、電話番号から簡単に自宅地図が表示できたり、販促メールや勧誘電話などがパソコンを利用して簡単に出来たりすることで、個人が自分の情報に敏感になってきたという背景がある。

e-文書法は、契約書、商取引で使用される伝票類、役所へ申請する公的文書といった様々な書類が、今までは紙で保存することが義務付けられていた。しかし、電子商取引や電子申請などが普及するに従い電子データでの保存が望ましくなった。また、既に紙で保管している書類も電子化して保存すれば、保管スペースが不要になる、また書類を探すのも早くなるということで、保管コストや事務コストが大幅に低減できることになる。
このような目的から出来た法律といえる。
  参考:http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/ebunshoho.html

今回の電子マネーも同様に、今後ますます利用が促進されるので現状の法律ではどうしてもカバーしきれない部分が出てくるので、ネット利用やICカード利用を前提に法整備が必要になったということだろう。

企業の社会的責任が問われる時代、ネット社会のための法律があることを知らないで、インターネット通販などを行い、知らずに結果的に不正行為をした場合企業の信用問題に発展し事業継続に大きなダメージを受けることとなる。

このように、ネット社会にはネット社会としての法律が整備されていくのでこのような動きにも関心を持っておく必要があるといえる。



本日のその他の記事
・イーバンク銀、楽天証券口座に24時間・手数料無料で即時入金。(7面)
・TBSが専門チーム、楽天の提案検討。(11面)
・沖電気とACCESS、携帯ソフト開発会社設立。IP電話用開発。(13面)
・東急不動産が新会社設立し、ネット広告に参入。(15面)
・日経テレコン21携帯でも提供開始。(15面)
・東日本高速道路・八木会長、利用者の目でサービス提供、ETCで割引拡大。(15面)
・早大と教育測定研、英作文を自動添削。教師の負担減狙う。(17面)
・インデックス、双日とネット配信権管理をする新会社設立へ。(17面)
・保険代理店のアドバンスクリエイト、全店にTV電話導入。高度な相談も即対応。(17面)
・携帯の通話定額始まる。家族の会話に割安感。(29面)
・サンエー・インターナショナル、直営の通販サイト開設。(29面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:10| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。