2005年09月26日

ICタグで医療ミス防げ。(11面)

 医療の現場での人為ミスは、人の生死に係わる問題になることがありますよね。
そこで今日は、ICタグを病院内の薬品や機器などの整合に活用しようという試みに関する記事を取上げたいと思います。

記事(日本経済新聞(2005.9.26))には

 伊藤忠や先端情報工学研究所など民間企業十社は十月から、医療機関でのICタグ(荷札)利用の実証実験に乗り出す。
三重大学医学部付属病院など三病院で医薬品や医療機器の照合に使い、誤投薬や医療過誤を防止する仕組みをつくる。
予算は三十億円で医療機関でのICタグ実験としては過去最大となる。

 ICタグ開発ベンチャーの先端情報工学研が実験全体を取りまとめ、伊藤忠のほか日立化成工業、NECトーキン、日本アビオニクス、遠州トラック、野村総合研究所などが参加。
三重大医学部、東京医科歯科大学歯学部、山梨大学医学部の三つの付属病院で1年半から2年かけて実験する。

 医薬品や医療機器を納入、保管して病棟に運ばれるまでの院内物流をICタグを使って管理する。納入時にICタグを張って内容物などを書き込んでおき、医師や薬剤師らが医薬品を取り扱うごとに読み取り機を使って処方データと照合する。実験期間中に使用するICタグは5百万枚に達するという。

 通常、医薬品などは書類やバーコードで管理しているため、木目の細かい追跡管理ができないうえ、手間がかかる。ICタグを利用することで、薬剤師が手掛けている院内物流の業務をどれだけ効率化できるかも検証する。最終的には医療機関に適したICタグや読み取り機、ソフトウェアの仕様を固め、製品化につなげる計画だ。

 病院でのICタグ利用実験は政府や業界団体が実施した例はあるが、製品化を前提にした民間企業だけの実験は初めてという。今後も会費5千万−1億円で、協力企業・病院を募っていき、規模を拡大していく考え。


とある。

 最近の医療はTVでも取上げられることが多くなり、またインターネットで豊富な情報を入手できることから患者側も知識が豊富になっている。さらに医療技術そのものも高度化し、治療方法や医薬品も多様化しているようです。
その結果、ある領域にきわめて強い専門医が登場するようになってきたように感じます。
つまり、医薬品、医療機器が専門化していることにつながっているような気がします。
したがって例えば、医師、薬剤師、看護士の3者でのクロスチェックを行うことは専門的過ぎて機能しない可能性があるのではないでしょうか。
そこで、これらの整合をシステムで補完できれば医師、薬剤師、看護士がそれぞれ自分の役割に専念でき、そのことが最適な医療行為につながることでしょう。

 ITシステムを過信することは禁物だが、人命に係わるポカミスのようなものが入り込まないようにチェックしてくれ、もしミスがあればシステムが見つけ警告を発してくれるだけで改善につながることでしょう。そしてこのことで、結果的に業務の効率化にもつながるような気がします。

 記事には患者側にICタグをつけるという話は掲載されていないが、患者の血液型、アレルギー、病歴・治療履歴、投薬状況、その他注意点などを患者が常に身に付けていればもっとチェックの精度が上がるような気がします。プライバシーの問題などあるかもしれないがこのような視点も必要な気がします。

 一日も早く実証実験での成果をあげていただき、多くの病院に展開されることを期待したいですよ。

おっとその前に、病気にならないよう日頃から自分自身の健康管理にもっと気を使うべきですよね。



本日のその他の記事
・米IBM、技術者→教師へ転職支援。技術力低下歯止めに一役。(7面)
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2005092506469aa
・SONYvs.ソニー、ストリンガー改革に壁。「日本的経営」捨てきれず。(9面)
BBタワー、動画広告を自動的に配信。(9面)  
・[メディア仕掛け人]KDDI次長、TVと携帯連携、通販の利用期待。(11面)
サイバード、「エディ」使い販売支援。携帯向け、購買履歴と広告連動。(11面) 
・[新進気鋭]イー・マーキュリー情報サイト運営。つながる紹介135万人の輪。(11面)
 ミクシイ http://mixi.jp/
ビズコム・ジャパン、携帯サイトでFP資格更新。(11面) 
システムフォワードが新サービス。会議開催日の調整スムーズ。(24面)
エスパルス公式携帯サイト、サッカー見どころ再現。(24面)
 などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:05| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。