2005年08月30日

白熱するオンラインゲーム、「脱マニア」知恵絞る。(17面)

 いよいよ今日から衆議院の選挙戦がスタートしましたね。
果たしてどのような結果となるのか分かりませんが、投票には絶対行くつもりです。
なぜもっとしつこく新聞、テレビ、ラジオ等で「投票に行かないのは無責任」といった感じで扱わないのでしょうね。
何故か投票率だけを強調しているような報道が多いように感じます。

 今日のもう一つの話題はヨーロッパ系輸入車がほぼ独占していた富裕層市場にトヨタが万を辞してレクサスの販売を始めたことでしょう。
きっと早速何十台か売れたのでしょうね。
 *8/31追記 日経ビジネスのメールマガジンによると、月間3000台、年内2万台は
  確実にクリアしそうな勢いで、一部車種については12月受注枠を取り崩す状況
  とのことです。
  今まで富裕層は外車好きと国産車が諦めていた市場に、実は登場を待ちわびて
  いた人がいたのか、それともレクサスの車としてのグレードが世界一という
  ことなのか、投入タイミングが絶妙だったのか



 本日の「ガイアの夜明け」でこのレクサスについて放送しています。 
北米市場に1989年から投入し、車の品質は当然として高級感溢れるサービスを売りにして、奇跡と言わしめたように高級車No.1の地位を築いたとのことです。

 この北米での成功を引っさげて、世界No.1の販売台数がその視野に入ってきた今、高級車市場で大きく水を開けられていた国内市場での巻き返しを図り、真の世界王者になることがその狙いとのことです。
当然、トヨタならではの方法で販売を推進していくことでしょう。

 今後の報道などに注目していく価値がありそうですね。
 レクサスのサイト http://lexus.jp/
 


さて今日は、[VBが主役、市場を拓くD]という特集記事を取上げてみたいと思います。
ネットで行うオンラインゲーム市場が拡大しているという話です。

記事(日本経済新聞(2005.8.30))には

 パソコンを中心とするオンラインゲーム市場が、ブロードバンド(高速大容量)通信の普及に伴い拡大している。

 会員制で有料(月額方式や利用都度)となっており、ゲームだけでなく「ゲームを通じた仲間づくり」や定期的なイベント開催などでコミュニティを盛り上げたり、ゲーム内でもメールや掲示板で要望を募り顧客満足を高める工夫をしているサイトもある。

オンラインゲームフォーラムは、今年の国内市場は930億円と前年より62%増えると予測する。

後発組は利用者がマニア中心から広がると見て知恵を絞る。

 仮想空間で自分の車を改造して参加するカーレースのゲームもある。
参加は無料、レースで勝つための改造用の部品販売で稼ぐ。

 市場が拡大しているオンラインゲームだが、ゲームの開発以外に通信関連や運営費用などもかかる。

収益を確保するのは簡単ではない。

大手ゲーム会社の参入で「オンラインゲームだけでもこなせないだけ種類が増えた」との指摘もある。

マニア層でない下院をどう獲得し定着させるか。

各社の戦略はこれから試される。


とある。(記事を要約用に編集しています)

 ゲーム市場もネット環境の充実が進んだことから、多くの人が同時参加するネット型のオンラインゲームが増えてきているようだ。

 現在は主にネットへの感度が優れていたり、ゲームへのこだわりを持っているマニアが中心なようだが、安定したビジネスとするにはマニア以外の人たちをどう取り込むかが課題のようだ。

さらに、ある程度したら飽きの来るゲームに対し長期にわたりファンとなってもらうための仕組みも重要で、コミュニティづくりや一体感を生み出すといった運用面での工夫も重要なようだ。

成長市場とはいうものの、収益をあげながら市場をリードし続けるのは極めて厳しいといわざるを得ないのではないだろうか。
顧客の変化を読みながら、先手先手で市場を創造し続ける以外に方法はないのかもしれない。


 記事で取上げられたゲームサイト
  ラグナロクオンライン http://www.ragnarokonline.jp/
  タミヤ        http://www.tamiya.com/japan/j-home.htm
  なつゲー       http://game.coden.ntt.com/
  ハドソン       http://www.hudson.co.jp/index.html

 参考:オンラインゲーム情報サイト http://www.initial-g.com/
                  http://www.4gamer.net/


本日のその他の記事
・総務省、自治体に人員削減目標などネットで公開を通知。(5面)
・ジャスダック、システム障害で午前の取引停止。人的な計算ミスで。(7面)
・ジャパネット銀、全国の馬券、ネットで購入や払戻金精算を。(7面)
・インテルサット、米衛星通信大手を買収。(9面)
・日テレ、ネットでの番組配信事業で動画ニュースを配信。(11面)
 http://www.ntv.co.jp/
・7月度半導体瀬像装置、受注額対前年比23%減。(11面)
・通信大手13社、災害発生時に光回線相互融通。(11面)
・[回転いす]アパレルの生産地などの不正表示対策にICタグ活用も。(11面)
・リコー、コピー機を声で操作。障害者雇用増に対応、世界初。(13面)
 http://www.ricoh.co.jp/
・ソフトバンク、無線LAN、最安値で。月304円、ヤフーBB会員限定。(13面)
 http://www.softbank.co.jp/
・NTTドコモ、携帯にAMラジオ。第二世代技術で中高年に照準。(13面)
 http://www.nttdocomo.co.jp/
・4−6月PCサーバー出荷14%増、金額では3%減。(13面)
・三菱重工、家庭用人型ロボット、100台限定予約販売。1,575千円。(13面)
 http://www.mhi.co.jp/indexj.html
・海外旅行サイトのタビニ、事業伸び悩み、設立以来の赤字で解散。(15面)
・ぐるなび、中国市場参入。上海で飲食店情報サイト開設へ。(17面)
・ワークスAP、経営破綻したソフト会社の会計用ソフトの営業権取得。(17面)
・プロジェクトアイとイトーキ共同で、低価格の複数画面制御ソフトを開発。(17面)
 http://www.projecti.co.jp/top.html
・日本エイムとエイペックスが新会社、半導体製造装置、共同で保守点検事業。(17面)
 http://www.nihon-aim.co.jp/  http://www.apex-jp.net/
・BBBがレントラックジャパンと共同でVOD向けのコンテンツ管理システムを開発。(17面) http://www.bbbank.jp/   http://www.rentrak.co.jp/
・半導体・電子部品、景況感が回復。データガレージ調べ。(29面)
・単身高齢者の安否確認。緊急時携帯に通報。ボタン一押しで家族に連絡。(33面)
・楽天市場、高級品の専門コーナーを開設。(33面)
・花王、化粧品売り場に新肌診断機を導入。(33面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:07| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。