2005年08月06日

日販、レンタルに変わる市場開拓。(1面)

 郵政民営化いよいよ大詰めになって来ましたね。

 本日の日経新聞の1面には、日経の論説副主幹 平田育夫氏の「改めて郵政改革を考える」が掲載されていました。
 将来の日本あるいは日本国民にとって財政・経済などを考えた場合、現状が良いのかそれとも民営化に踏み出したほうが良いのか、あるいはどちらのほうがよりリスクが少なくなるのかの選択ではないかと個人的には思っています。

 その意味ではリアルな世界での重要な選択が行われるわけですが、ネット社会は「国や地域」、「空間」、「時間」を越えて今日も進化を続けています。

 そこで今日取り上げた記事は「新しいDVD視聴の仕組み」です。
今後このDVDがネット社会の進展の中でどうなっていくかは予想できませんが、面白いので紹介します。

 記事(日本経済新聞(2005.8.5))には

 出版取次最大手の日本出版販売(日販)は9月、48時間限定で鑑賞可能なDVDを発売する。

開封後、ディスク表面の特殊な素材が化学変化を起こし、データを読み取れなくする米社の技術を活用する。

レンタルと異なり返却せずに済むうえ、身近なコンビニエンスストアで買える利便性から、映像ソフトの新たな販路に育ちそうだ。

 新製品は「48(ヨンパチ)DVD」。

まず松竹、東映など配給元3社と組み9月17日に第1弾を発売する。

1枚6百円で、ファミリーマートやサークルKサンクスなど1都3県のコンビニのほかインターネットで合計10万枚を売る計画。

今後、年間2百タイトル程度を投入、売れ行きを見て価格も5百円程度への値下げも検討する。

 真空パッケージの封を開けると、表面に加工された特殊接着剤が空気に反応して光を通さなくなる技術を利用、ほぼ2日間だけデータを見られる。

特許を持つ米フレックスプレーと日販が国内独占販売契約を結んだ。

著作権保護のため、中身の複製はできない仕組みになっている。


とある。


 面白い仕組みを考えたものだ。

このように、提供側と利用者側のどちらにもメリットがある「win−win」の仕組みは、成功する可能性が高いと思われる。

 レンタルは借りるときは良いが、返却は結構面倒くさいものだから、この仕組みはこのような煩わしさを解消しているという意味では、便利な仕組みといえるだろう。

ただし環境面から考えると、リサイクルの仕組みも考えておかないと「資源のムダ」という観点からマイナス評価を受ける可能性も否定できないだろう。


それにしても、凄い技術があったものだ。

この技術は映像媒体の提供以外にも活用できそうな気がする。
DM発行業者への顧客情報の提供などに利用すれば、万が一媒体が盗難にあっても情報流出のリスクが小さくなるだろう。

また紙などの媒体にも利用できれば、応用分野は更に広がることだろう。

ただ、この技術を利用した媒体を作成する設備が大掛かりだと、結局は映像媒体などにしか利用できないことになるのが残念な気がする。

そうだとすると、データの工夫でこの時間制限を制御することは出来ないのだろうか

例えば情報家電として今後DVDレコーダーはネットに接続が当たり前になったら、視聴出来るための電子鍵(当然コンテンツデータ提供毎にユニーク)をサーバー側に用意しておき、その有効期間をサーバーでコントロールすることが可能になるのではないだろうか。


「ネット社会の水先案内人」としては、ネットの仕組みを利用した視聴制限の機能が実現されることを期待したい。
そうすればもっとコストが下がるような気がする。



本日のその他の記事
・新規参入4行、3行が大幅増益。ネット決済利用増などで。(7面)
・独大手出版が民放大手買収。複合メディア企業に(ドイツ)。(9面)
・「ネット革命」10年、勝ち組存在感。(9面)
・7月の携帯純増数、au首位返り咲き。ドコモ700件差で猛迫。(11面)
・フジ計画のミュージカル日本公演、ライブドアも事業費。提携2弾。(11面)
・TDK、光ディスク生産再編。ブルーレイに注力、新工場。(13面)
・液晶テレビ、40型以上生産10倍。シャープ、年間100万台規模。(13面)
・ドコモ、携帯使った決済、タイ企業と合弁。(13面)
・JSATの衛星故障。復旧難航、業績に打撃。(13面)
・オンキョー、音質重視の楽曲ネットで配信。(13面)
・東京・渋谷に「アップルストア」。音楽配信と相乗効果狙う。(31面)
・カード保険証のシステム開発へ、厚生労働省検討会が初会合。(38面)
・消費生活相談過去最多に。「架空請求」34%増。(38面)
・震度データ、伝達5分以内に。都がシステム変更へ。(39面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。