2005年07月26日

アッカが遠隔監視システム、ADSLで安価・安全に。(15面)

記事(日本経済新聞(2005.7.26))には
 通信会社のアッカ・ネットワークスは7月末から、企業向けに遠隔監視ネットワークシステムの提供を始める。
ADSLの空き回線を使うことにより、専用線で接続するより低価格のサービスを提供する。

インターネットに比べデータ流出の危険性も低いという。
常時接続して複数拠点のデータを一括管理する。

まず日本駐車場開発にシステムを提供する。
ネット対応機器を回線でつなぐ機器間ネットワーク接続(M2M)と呼ばれる方式を採用した。

この仕組みは外部からの接続がない独自の通信網を活用する。
このため監視カメラで撮影した顧客情報などが流出する危険性は小さいという。

日本駐車場開発の全国の直営管理駐車場に監視カメラを設置、同社の本部と接続して遠隔監視する。
従業員の接客態度などを見ながら指示、管理できるようになるので、サービス品質の向上につなげられると期待している。

今後は製造業の工場設備や医療分野に用途を広げて、ADSLサービスにつぐ収益源に育てる。

とある。

先ず、アッカ側から考えてみると
ADSLは導入の容易さからブロードバンド化の先駆けとして急速に普及した。
一方で光ケーブルの本格的に立ち上がり始めたことで、今後はブロードバンド回線として光対応が主流になっていくものと予想される。
光ケーブルとADSL用のメタリックケーブルとは材質が異なるので、ADSL用の回線が空いてくる可能性があることになる。

こう考えると今回の遠隔監視ビジネスは、今後増えてくるであろうこの空き回線の新たな用途を見つけたことになるだろう。
しかも、インターネット網を介さないで機器間を接続することでセキュリティ面でのリスクが低減されることから、企業向けに安全で安心な通信環境を提供できることになる。

以上から、遊ぶ可能性のある設備を有効利用したセキュリティの高いネットワークを安価に提供できる旨いアイデアといえるだろう。

さらにロンドンやエジプトでのテロなどもあり、日本においても常時監視に関するニーズは今後増えるのではないだろうか。
更にアッカでは工場の設備監視や医療分野などへ用途を広げたいとのことだ。


次に日本駐車場開発側から考えてみると
監視カメラを駐車場での「車上荒し」や「事故」などの監視・記録といった用途に利用するだけでなく、従業員の接客態度などを本部で見て、サービス品質の向上につなげるということだ。

この仕組みは従業員からすればたまったものではないだろうが、駐車場も価格での差別化が難しいとすれば、「競争力の源泉」はやはり「サービス力(接客)」ということになってきたことを示しているのだろう。

もしこのような仕組みがなければ、日報や週報などの報告書で上がってくるだろうが正しく問題を捉え指導することは難しいし、問題が発生してからタイムラグも発生していることから従業員にも強く心に残らない可能性があるだろう。

その意味でも今回のような仕組みで問題が起きているその場で対処するのは効果が大きいと思われる。
しかもこのような指導が各地に出張することなく本社にいながら全国の拠点を対象に行えるのだから、コスト負担という面からも充分ペイするのではないだろうか。

これらの記事からの教訓は、「今あるものも工夫次第で新たな価値を生む」ではないだろうか。



本日のその他の記事:
・企業ブランド調査、マイクロソフト初の首位。(日経リサーチ)(3面)
・社保庁、年金過払い住基ネットで防止。死亡情報迅速に把握。(5面)
・楽天証券、4−6月期経常益20億円。(7面)
・ジャスダック、20億円超投資し売買システム能力増強。(7面)
・[薄型TVの覇権(上)]市場争奪、舞台は世界へ。新興勢力、安値で対抗。(11面)
・エルピーダ、DRAM試験工程分離。台湾社と合弁、投資抑制。(11面)
・テレビ朝日、動画コンテンツ、番組連動で配信(有料)(11面)
・テレビ通販、成長続く。独自商品で売上高25%増。(12面)
・楽天トラベル、バス予約サイト運営のスター・ツアーズ・ジャパンを買収。(12面)
・楽天トレベル、宿泊予約手数料、期間限定で下げ。(12面)
・ソフトバンク、窓口会社を設立。カード決済業務を統合。(12面)
・マイクロソフト、次世代ゲーム機巻き返し、日本向けソフト45本開発中(12面)
・ソニーコミュニケーションネットワーク、「プレステ・ポータブル」向けの動画配信サイト開設。(12面)
・コクヨ、オフィス通販大手のフォーレストを連結子会社に。(12面)
・電通とリクルート、無料誌やブログなどを対象にした広告会社を共同で設立。(12面)
・NTTとNTTレゾナント、写真を選ぶと似た画像を表示できる携帯向け検索システム開発。(13面)
・富士通、災害対応システム、自治体向け機能強化。(13面)
・デルの日本法人、宮崎に電話対応センターを新設。(13面)
・アイティマネージと網屋、企業情報システムの24時間監視サービスを開始(15面)
・スポーツバンガード、ユニクロと組み、テニスチームのウェアを販売。(15面)
・ゼンテック、アジアで無線LAN事業。(15面)
・ゴルフダイジェスト・オンライン、サイト会員に無料のブログサービス。(15、31面)
・暗号技術のシーフォーテクノロジー、情報機器販売のリマージュとセキュリティ販売で連携。(15面)
・コーポラテックとKDDI研、携帯で英語能力判定。(15面)
・ライブドア株価、「買収劇」前の水準に。(16面)
・トラベル・シーオージェーピー、温泉旅行の専門サイトを開設。(31面)
・ヤフー調査、ネット通販で購入したい品目、上位はチケット、旅行予約。(31面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:36| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽天の個人情報漏洩事件、被害件数が3万6000件に拡大--楽天以外の情報も
Excerpt: 推論ですが、全部の情報が漏れていると考えるのが正解ではないかと。 漏洩した中から漏洩したのが約3分の1なんじゃないかと思います。 会員企業を持つポータルサイトはどこでも同様の問題を 潜在的に抱えている..
Weblog: 家式 - 【ネットで探せる住宅情報・不動産仲介業】
Tracked: 2005-08-07 15:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。