2007年01月23日

インターネットで学ぶ大学


 ネットを利用し自宅などで授業を受け、単位が取得でき学士取得ができる大学が開校するとのことです。予想以上に反響を呼んでいるようです。

 NIKKEI NETには、

サイバー大学に高い関心・入学問い合わせ殺到

 今年4月に開校するインターネットだけで授業を行う初の「サイバー大学」(福岡市、4年制)の入学願書受け付けの締め切りが今月26日に迫る中、資料請求や問い合わせが殺到している。自宅で好きな時間に授業を受けることができることへの関心が高まっているとみられ、同大学では「予想以上の反響」としている。

 「IT(情報技術)総合学部」と「世界遺産学部」の2学部で各600人を募集。12月中旬から受け付けを開始、現時点の受付総数は明らかにしていないが、23日までに資料請求と大学のメールマガジン登録を合わせた数が1万5000件超となっている、という。2月に二次募集する予定。

 サイバー大は構造改革特区の規制緩和を受けたもので、昨年11月に新設が認可された。ソフトバンクなどが出資する「日本サイバー教育研究所」が運営。学科試験はなく、合否は応募者がサイト上で記入した志望動機などで決める。

 社会人の応募が目立つといい、大学側は「社会に出てからも勉強し続ける必要性を感じた人や、キャリアアップのために受講を希望する人のニーズが高いようだ」(事務局)と分析している


とありました。

参考:サイバー大学
http://www.cyber-u.ac.jp/

 アメリカでは、ネットでの授業だけで卒業できる大学がありましたが、日本でもいよいよネットでの授業参加だけで卒業資格が得られるとのことです。

 応募締め切りを前にしてかなり関心が高まっているようで、特に社会人の入学希望者が多いとのことです。これは自分の時間に合わせ学習ができるというネットの特性が大きいようですね。

 いずれにしても、このような勉強の機会が増えることは良いことでしょう。
今後、資格関係の学習もこのようにネットで学習というのが増えて来るのかも知れないですね。

posted by ネット社会の水先案内人 at 22:18| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。