2006年12月25日

ネットで送った写真を店頭で印刷


 今では写真といえば、デジタルカメラや携帯電話で撮る人が主流になったと思います。
しかし多くの人はプリントするのを忘れ、カメラや携帯の中に撮影した写真が眠っているというのが多いように思います。

 また人に電子データのままメールで送ろうとすると、カメラの解像度が大きくなってきたこともあり容量の大きさに悩ませられることなります。

 そこでネットを利用しもっと手軽にプリントできる仕組みがサービスされるという記事がNIKKEI NETにありました。


■ネットで送った写真を店頭印刷、マイクロソフトなど3社提携

 マイクロソフト日本法人とセブン―イレブン・ジャパン、富士ゼロックスの3社は25日、デジタルカメラで撮影した画像をインターネット経由でコンビニエンスストアの店頭にある端末に送り、写真に印刷して受け取れるサービスを開始すると発表した。

 遠隔地に住む両親に孫の写真を送ったり、同窓会の写真を出席者に配布するといった使い方を想定している。

 マイクロソフトが来年1月30日、次期基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」の一般向け出荷を始めるのに合わせてサービスを始める。ビスタの専用メニューから写真データをネット経由でコンピューターセンターに登録すると予約番号が発行される。その後、セブンの店頭にあるデジタルカラー複合機に予約番号を入力すると印刷が始まる仕組み。

 L判1枚30円の料金は複合機に投入する。クレジットカードなしでも利用できる。富士ゼロックスは複合機を提供するほか、コンピューターセンターを運営する。料金収入はセブン―イレブンと富士ゼロックスの2社で分配する。

とあります。


 マイクロソフトがパソコンの仕組み、富士ゼロックスがプリント印刷、セブンイレブンが料金回収と場所の提供と3社の強みを生かして一つのサービスを実現しているといえます。

 サービスが利用者にとって利便性に優れると、提供者側は技術的に高度となるため、このようにそれぞれの強みを生かして一つのサービスを実現するケースがこれからも多くなるように思います。裏を返すと、1社で全てのサービスを実現するのが難しくなるし、時間もコストも多くを必要とするといえます。

 これから新しいサービスを考える場合、自社でクロ−ズして考えるのではなく、自社の強みを生かしつつ、他社と協力することでより速くより低コストでより利便性に優れた商品やサービスの提供を考えることが求められているといえます。

 
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:30| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。