2006年12月19日

ヤフーが公衆無線LANサービスを開始


 NIKKEI NETにヤフーが19日(本日)から公衆無線LANサービスを始めたと発表した。
これで本格的な公衆無線LANサービスが広がるかも知れないですね。

 記事には、

■ヤフー、駅や店舗で公衆無線LANサービスを開始

 ポータル(玄関)サイト国内最大手のヤフーは19日、全国3500の駅や店舗などでインターネット接続ができる公衆無線LAN(構内情報通信網)サービスを始めたと発表した。利用者はヤフーの有料会員になる必要がある。ヤフーは会員獲得につなげるとともに、個々の利用者の接続地域に応じて飲食店情報などの広告を配信、広告収入の増加に結びつける。

 全国のJR駅や空港の構内、ホテル、マクドナルド店舗などで、利用者自身のパソコンや携帯ゲーム機などを使ってネット接続できる。別途ネット接続事業者と契約する必要はない。ヤフーは、ソフトバンクテレコムが既に手掛ける公衆無線LAN「BBモバイルポイント」の通信インフラを利用する。

 ヤフーの有料会員(月会費294円)になったうえで、月210円の利用料が必要。有料会員は11月末時点で633万人で、主にオークションへの出品のために加入している。来年6月からは一般会員も月525円で利用できるようにする。

とありました。

 検索という機能だけを見れば、googleの後塵を拝するようになった感のあるヤフーですが、オークションの信頼性を上げたり、今回のような無線LANサービスとか動画配信などといったサービスを充実することで、有料(プレミア)会員を増やす狙いと思われます。
 僅かでも会費を払ってくれる会員を増やすことができれば、安定した収入源を得ることができるし、広告料も会員数の増加で拡大が期待できると思われます。

 ヤフー独自のサービス路線を築きだしたということなのでしょう。
将来にわたり有料化できるかがポイントのような気もします。
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:59| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29948585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。