2006年12月17日

CBSがネットで復活

 レコードを買うようになった頃、CBSというレコード会社があり、その後ソニーが買収しCBSソニーといっていた時代があり、更にその後ソニーミュージックエンタテイメントに変わったためCBSという名前は無くなっていました。 しかし、NIKKEI NETにはこのほどCBSを復活させるとの記事がありました。

 ただCD販売ではなく、TVドラマと連携させネットでの音楽配信という形で復活するとのことです。
 なんだか不思議な気がします。
しかしよく考えると、優れた音楽コンテンツを有していれば、音楽配信をビジネスとして行うための参入障壁は極めて低いことを意味しているように思います。

 つまりCDやDVDを製造する設備や、できた商品を販売する流通網の構築が不要なのですから、ユーザにアピールできるコンテンツさえあれば商売になるといえます。

 ということは、ネット配信が主流になればコンテンツが価値を決めることとなるので、レコード会社に所属しなくても、アーティストが個人でビジネスすることも可能になるといえます。

 レコード会社はどんな役割をするのか、つまり付加価値として何を提供するのかが問われる時代になるのかも知れないですね。

posted by ネット社会の水先案内人 at 23:19| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29830855
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。