2006年12月11日

MSが小規模企業向けにHP・メールの無償サービス


 マイクロソフト(MS)が小規模企業向けにホームページやメールなどのサービスを無償でスタートするとのことです。

 NIKKEI NETには、

■専用アドレスを無償で登録・マイクロソフト、小規模組織向けHP・メールサービス

 マイクロソフト日本法人は 11日、インターネットサイトの構築や電子メールの利用が可能な企業向けサービス「オフィス・ライブ」の試験運用を始めたと発表した。同サービスに登録すると「.com」「.net」「.org」の専用のアドレスを無償で取得でき、そのアドレスでのサイト運用や電子メールの利用が自社でシステムを持たずにできるようになる。オフィス・ライブのサービスでの広告表示や有償の追加機能による売り上げで同サービスを運営するという。
 マイクロソフトが開設したオフィス・ライブのサイト(http://officelive.microsoft.com/japan/)にアクセスして、利用するアドレス名や連絡先、追加機能を購入する際のクレジットカード番号などを登録することで利用できるようになる。インターネットサイトの容量は500メガバイトで、電子メールは25人分利用できる。

 サイトを運営するための技術を知らない人でも簡単に利用できるように、簡単なマウス操作でサイトの内容を編集できるようにした。業種や業務に応じたサイトのひな型も多数用意している。

 これらのサービスの利用は無償だが、基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」「ウィンドウズ・ビスタ」を搭載するパソコンか「ウィンドウズ・モバイル」を搭載する携帯機器が必要になる。

 有償で利用できる上位サービス(試験運用中は無償)も公開した。有償版では、ファイルや連絡先の共有、グループウエア機能を利用できるようになる。日本に先行してサービスを開始している米国では、機能や利用できる容量によって月額19ドルもしくは39ドルで提供している。有償版の利用には「マイクロソフト・オフィス」が導入されているパソコンが必要になる。

 オフィス・ライブは2007年第2・四半期に正式運用に移行する予定。


とあります。

 マイクロソフト(MS)は4年近く前から日本の小規模企業のIT化の遅れを支援するため全国IT化計画を立ち上げ、いろいろな施策を打ってきていました。今年は「IT経営キャラバン隊」という活動をITコーディネータ協会などともタイアップし、強力にに推し進めようとしています。

 この流れを加速させることとや、オープンソースの流れで無償のオフィス製品が提供されるなどMSの置かれている環境も厳しくなっているといえます。

 よく分かりませんが、恐らくこのような背景が今回の施策にはあるように思います。

このサービスが、小規模企業のIT化、インターネットの活用促進につながることを期待したいものです。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:24| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。