2006年12月09日

KDDIなど、ワンセグ利用実態調査結果を発表


 移動しながらでも鮮明な映像を見ることができるワンセグ、試聴できる携帯電話も徐々に増えてきています。

 ワンセグの利用実態調査の結果が発表されたという記事がNIKKEI NETにありました。

■KDDIとテレビ朝日、ワンセグ利用実態調査の結果を発表

 KDDIとテレビ朝日は8日、携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」の利用実態調査の結果を発表した。ワンセグは他の携帯向けサービスよりも利用率が高く、10代から50代まで幅広い層に使われているという結果が出たという。

 auのワンセグ端末ユーザーの利用状況を集計した。視聴者数が多かったのは、夏の全国高校野球選手権の決勝戦やボクシングの亀田興毅選手の試合など、生中継の番組だった。10代のユーザーは午後9時から午後11時までの時間帯に視聴する割合が高いなど、テレビを持っていなかった層にとって新たな視聴機会を提供することにもつながっているという。


 ワンセグの映像からECサイトへの誘導効果が高いとの数字も出た。従来、固定テレビでは視聴者が携帯電話で空メールを送って、携帯向けECサイトのアドレスを取得していたが、「ワンセグ」の画面ではデータ放送部分に表示されたアドレスに直接アクセスできる。テレビ朝日の番組で検証したところ、視聴者全体に占めるワンセグ利用者の割合は0.14%であるにもかかわらず、ECサイトの訪問者の28%がワンセグ経由だったという。

 テレビ朝日の編成制作局編成部の西勇哉氏は、「今後は携帯電話の機能と番組の連携を進め、固定・移動を問わず支持される番組作りやデータ通信の充実などに取り組んでいきたい」と話した。


とあります。

 面白いのは、携帯電話ならではの傾向として、データ放送部分への反応が高いことです。ただこれもいまワンセグ携帯を購入する人は、新しい機能に対し感度の高い層だとすると、この傾向も割り引いてみる必要があるかも知れません。

 携帯からワンセグの視聴だけでなく、データ放送を利用したサイト訪問やショッピングが行われるとなると、ビジネスとして注目する必要がありそうです。

 恐らく自宅で比較的落ち着いてパソコンからアクセスするのと、通勤途中などのちょっとした時間を利用しての携帯とではビジネスの仕組みも変える必要があるといえます。

 携帯に向けたサービスの開発競争に負けないようアイデアを時かも知れないですね。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:21| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29304188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。