2006年11月20日

ミクシィ・楽天などプライバシー保護競う


 web2.0という言葉が一般化し、ブログやSNSなど双方向のコミュニケーションがその存在を大きくしているように思います。

 このような中で、広く発信するのではなく、コミュニケーションする相手を限定し、仲間限定で盛り上がれるなど多様なサービスが誕生し出したようです。

 日本経済新聞(2006.11.20,11面)には

■ミクシィ・楽天などネット各社、プライバシー保護競う

 プライバシーの保護に配慮したネットサービスが増えてきた。書いた内容や写真を家族や友達限定で公開できるブログや、住所や口座番号などを知らせずに売買できるオークションサービスが登場している。

ネットを通じて個人情報が漏れる懸念に対応し、各社がサービスを開発した。不安を取り除いて利用を増やす狙いだ。


 米シックス・アパートは10月末、ブログサービス「VOX」を日本でも始めた。VOXに参加している友人と家族を登録すれば、記事や写真の公開範囲を設定できる。記事毎にこれは家族限定、これは一般公開と指定できる。家族などプライベートなことが書きにくいというニーズに対応する。

 国内最大のSNSを運営するミクシィも名前と性別の公開範囲を「友人」「友人の友人まで」「全体」と選べるようになる。

 ネット競売では、「取引相手から個人情報が流出する」との不安をなくすため、匿名で取引できるサービスが始まった。楽天オークション、ヤマトの「オークション宅急便」などがある。

 今後も市場の拡大に伴って、利用者が望む形でプライバシー情報の開示範囲をコントロールできる仕組みへの需要が高まりそうだ。


とあります。

 なんだか、個人情報について世の中全体が敏感になり出したようですね。
ネットを利用した犯罪や、顔を見せない・合わせない犯罪なども影響しているのかも知れないですね。

 商売では、自分を売り込むことが必要なのに、矛盾しているような感じすらします。
確かに、個人事業者でホームページにメールアドレスを掲載すると、迷惑メールが多くて困るということで、メールアドレスをGIF形式で画像として貼り付けているほどです。

 ここまでくると訳の分からない世界になるような気もしますが、顧客のニーズがいろいろということは、そのニーズに柔軟に対応できる仕組み作りが、繁盛の秘訣といううことなのでしょうね。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:24| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27896824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。