2006年11月12日

生活習慣の改善をネットが助言

 食べ過ぎ、飲み過ぎ、喫煙、運動不足と体に良くないことは判ってはいても、これらを改善するには相当な努力を必要としますよね。

 しかし、ネットの力を借りることで、めげそうになる気持ちを励ましてくれ、生活習慣の改善があなたにもできるかも。

 日本経済新聞(2006.11.12、10面)に

 日々の食事メニューや運動時間を簡単に記録でき、その内容についてインターネットを介して専門家が適切にアドバイスしてくれるとしたら、やる気が長続きするかも知れない。

 日々食事前に、今から食べるメニューの写真を欠かさず撮影し、自宅のパソコンに写真を保存し専用のサイトに送信する。週に一度自分の食事の解析を依頼すると約三日後にはアドバイスがメールで届く仕組み。

 また一日にどれくらい体を動かしているかを細かく分析するサービスも始まった。スズケンが開発した生活習慣記録機は一見すると歩数計と変わらないが、加速度を測るセンサーやICが内蔵されている。「どのくらいの激しい運動を何分間したかまで詳しく分かる」ので一日の活動量が正確につかめる。パソコンで日々の運動の状況や一週間ごとの平均運動量を比較できる。専用サイトにデータを送信すれば指導コメントなどを記した個人向けリポートを受け取ることも可能だ。

 ただ、「インターネットを使った健康指導は簡便で続けやすいが過信は良くない、あくまでも健康増進の補助的な道具と考えて欲しい」という専門家の意見もある。


とあります。

 健康に関心を持ち、生活習慣の改善にネットを利用したりして挑戦するのは良いことですが、それだけに頼るのではなくかかりつけの医師の診察や検診・指導を受けることが大切なようです。

 SNSなどで、同じ悩みを持つ仲間が励まし合うというのも、1人で挑戦するよりも継続できると思います。ネットを主ではなく補助として活用するのが賢い選択のようです。
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:54| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎食欠かさず写真を撮るようなまめさがあったら生活習慣病にはならないと思います...

私は1日で挫折しました。
Posted by kossy at 2006年11月13日 21:50
Kossy さん

 コメントありがとうございます。

>毎食欠かさず写真を撮るようなまめさがあったら生活習慣病にはならないと思います...

  確かに、言われてみれば・・・・

  ごもっとも。
Posted by ブログオーナー at 2006年11月14日 05:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27340085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。