2006年11月04日

音声合成装置が持ち運び可能に

 最近、パソコンのUSBには様々な機器が接続できるようになってきました。
殆どの機器が、USBに差し込むだけで簡単に利用できることからとても便利ですよね。

 日立はこのほど、USBに差し込む音声合成装置を開発したそうです。

 日本経済新聞(2006.11.4、11面)には

■音声合成装置、持ち運びOK。日立、USBメモリー活用

 日立製作所はパソコンに記録したデータを読み上げられる持ち運び可能な音声合成装置を開発した。
パソコンに接続できる小型の記憶装置であるUSBメモリーに音声合成プログラムを搭載。これをパソコンに接続すれば、自分のスケジュールなどを音声で確認できる。視覚や発声に障害を持つ人や高齢者の用途も想定している。

 来春の商品化を目指す。同システムをスケジュール管理に使った場合、パソコンにUSBメモリーを接続すればメールの着信や内容を音声で読み上げたり、設定した時間に予定を知らせてくれる。

とあります。

 ウィンドウズの読み上げソフトと今回の日立の音声合成装置との違いがよく分かりませんが、このように体の不自由な人を支援する機能が充実していくことはとても良いことのように思います。

 今回の日立の仕組みがいくらで販売されるのか分かりませんが、できるだけ安価な価格で提供されることを期待したいものです。

 またこれからも、いろいろな障害のある人に配慮した仕組みが簡単にしかも安価に利用できることが、真のネット社会のために必要なことのように思います。
posted by ネット社会の水先案内人 at 23:35| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26803662
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。