2006年10月30日

SB、孫社長が会見


 携帯各社が満を持して24日にスタートさせた、ナンバーポータビリティ、ソフトバンク(SB)のシステム障害が混乱を招いたようです。

 SBとしては、顧客を自社に取り込む絶好の機会と捉え、直前に新料金体系を発表したりCMを大々的に行っていました。この効果が出たのかどうか、ナンバー移行に伴う事務処理に、コンピュータシステムがパンクし、SBへの移行だけでなく、SBからauやドコモへの移行にも支障が出たとのことです。

 NIKKEI NETに孫社長のインタビューに関するニュースが掲載されていました。

■ソフトバンクの孫社長、番号ポータビリティーのシステム障害で会見

 ソフトバンクの孫正義社長は30日、東京・千代田のホテルで会見し、番号ポータビリティー制度の契約変更を受け付けるシステムで28−29日に発生した障害について説明した。ソフトバンクが先週発表した新料金プランへの申し込みが多かったことと、他社への転出にあたって複雑な解約処理が必要でシステム処理が追いつかなくなったという。11月5日までは番号ポータビリティーによる乗り換えや新規契約を優先的に受け付けることにする。

 24日の番号ポータビリティー制度開始後、初の休日となった28日は、システムの負荷が高くなった午後5時45分に登録業務を停止した。その後、システムの処理能力を2倍に増強したが、翌29日は前回の受付停止の影響もあり28日の3倍までシステムの処理量が急増したため、午後12時10分に番号ポータビリティーの受け付けを停止したという。


 今後の対応としてまず31日までは、申し込みを受け付ける量が1日の中でピークとなる午前11時から午後1時と午後5時から午後7時の2つの時間帯は、番号ポータビリティーに関する受け付けを優先する。

 11月1日から11月5日までは、解約や故障・修理を除いて、番号ポータビリティーでの申し込みもしくは新規のみ受け付けるという。既存利用者が5日間に渡って機種変更できないことの補償として11月中に機種変更を申し込んだ利用者に対して500円分のポイントを付与する。


とありました。

 このニュースから、ITシステムは経営者の重要テーマになってきたことをつくづく感じました。つまり、今や人手で業務を行うより、IT活用が当たり前になって来ているといえます。

 従って、業務システムに障害が起きれば事業にとって大きな影響を及ぼすこととなります。今回の場合、このシステムトラブルで新規顧客を得たというより、見込み客を失った可能性が多いように感じます。
おまけに、機種変更者にポイント付与ということで費用負担まで、場合によってはauやNTTからも損害賠償を要求される恐れすらあるといえそうです。

 それだけに、経営者もシステムに対し強い関心を持つ必要があるといえます。今や情報システム部門にITを任せ、何とかしてくれという姿勢は通用しなくなっているように感じます。

 まさか、申し込みが予想件数をはるかに超えたことが処理能力オーバーだとしたら、恥ずかしいですよね。おまけに孫社長の読みと、システム担当者の読みが違っていたとしたら、これも問題ですよね。どれくらいの処理能力を見込むか、重要な経営戦略といえそうです。先日光IP電話で混乱したNTTも同様ですよね。

 システム能力に経営者は関心がないというのが実態だと思いますが、今後はシステム能力が経営戦略といえそうです。ただ難しいのは、ネットの普及で、ピークと平常時とのギャップが桁違いだということです。システムを稼働させながら柔軟にサーバーを増減させる工夫も必要なようです。


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:46| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。