2006年10月15日

マクドナルドのキャンペーン景品がウイルス感染


 日本マクドナルドがキャンペーンの賞品で配布した携帯音楽プレーヤーの一部がコンピュータウイルスに感染しているものがあったとのことで、交換に応じるとともにパソコンに接続しないように注意を呼びかけているそうです。

 確かに携帯音楽プレーヤのOS次第では、コンピュータウイルスが入り込む可能性があるわけですが、携帯音楽プレーヤにウイルスが入り込むとは誰も考えないでしょうね。

 日本マクドナルドのサイトのプレスリリースには、

■弊社キャンペーン賞品「MP3プレーヤー」のウイルス感染に関して

 この度、日本マクドナルド株式会社が8月実施いたしました販売促進キャンペーンにおける賞品の"MP3プレーヤー(以下、当賞品・9月29日発送)"の一部がウイルスに感染していることが判明いたしました。
このウイルスは当賞品をパソコンに接続することで感染する可能性がございます。つきましては、お客様へは当賞品を使用なさらないよう、お知らせ申し上げます。
速やかに事実関係と原因の追求を行うとともに、お客様のご迷惑を最小限に留めるべく、今後の対応につきまして取り急ぎご報告申し上げます。

1.感染ウイルスの概要と症状
トロイの木馬型のウイルス、ワーム、スパイウエアが発見されました。
現象といたしましては、当賞品をパソコンに接続した際、そのパソコン上で「中国語のメモ帳が立ち上がる」「ウイルス検知のメッセージが出た」等といったご連絡を12日現在で7件いただいております。

2.お客様対応
(1)速やかに返品して頂くために以下全ての告知活動を実施いたします。
@ご当選されたお客様へのダイレクトコール並びにダイレクトメールの実施
A弊社ホームページ上での告知
B店頭での告知
C新聞媒体での告知
(2)このウイルスは当賞品をパソコンに接続することで感染する可能性がございます。つきましては、お客様へは当賞品を使用なさらないよう、お知らせ申し上げます。
当賞品を使用されたお客様がご使用になられているパソコンのことを考慮しウイルス駆除ソフトをダウンロードいただける体制を構築いたしました。ダウンロードサイトはマクドナルドホームページからリンクしております。
(3)賞品のMP3プレーヤーについては、全品を速やかに回収させていただき、準備でき次第新品と交換させて頂きます。


とありました。

 恐らく一番驚いたのはマクドナルドでしょうね。
この景品の音楽プレーヤをパソコンに接続するとコンピュータウイルスに感染する可能性があるとのことですから。

 恐らく今回の景品は中国で調達したのだと思われますが、コンピュータウイルスに感染する可能性のある機器であれば、必ずウイルスチェックを行うようにする必要がありそうですね。

 つまり製品提供者は、このようなリスクがないかを確認し、もし可能性があるようなら十分な確認を行う必要がありそうです。

 また消費者側も家庭や企業でインターネットに接続して使用するパソコンは、ウイルス対策ソフトを導入し、最新の状態に保つというのは、利用者の義務と言えそうです。 


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:00| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | セキュリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。