2006年10月11日

SBM、HSDPA対応のスマートフォン発売へ


 下り1.8メガビットの高速通信に対応したスマートフォンをソフトバンクモバイル(SBM)が発売するとのことです。

 果たして市場の反応はどうなるのでしょうね。
 記事はNIKKEI NET からです。

■ソフトバンクモバイル、HSDPA対応のスマートフォンを14日発売

 ソフトバンクモバイルは11日、東京・千代田で会見し、下り速度が毎秒1.8メガビットとなる高速データ通信サービス「HSDPA」に対応したスマートフォン(多機能型端末)「ソフトバンク X01HT」(台湾HTC製)を14日発売すると発表した。基本ソフト(OS)にマイクロソフトの「ウィンドウズモバイル5.0」を採用した端末で、個人、法人双方に販売する。

 タッチパネルからタッチペンで項目を選んで操作するほか、端末からキーボードを引き出して入力することも可能だ。「ワード」「エクセル」「パワーポイント」といったファイルを編集、閲覧できる。「インターネットエクスプローラー」などフルブラウザーでインターネットを利用できる。


 無線LANや近距離無線通信規格「ブルートゥース」、赤外線通信にも対応した。セキュリティーソフトは、別売りのシマンテックやトレンドマイクロの製品などをダウンロードする仕組み。NTTドコモもHTC社製のスマートフォン「hTc Z」を発売しているが、「端末上の大きな違いはHSDPAに対応した点。ソフトウエア上では特別強調するほどの違いはない」(ソフトバンク)という。

 パケット通信の定額サービス「デュアルパケット定額」に、新たに「X01HT」向けに月額1万290円の定額メニューを用意した。「HSDPA」の高速データ通信で、どれだけインターネットサイトを閲覧したり、大容量のファイルを送受信したりしても、月額のデータ通信料は1万290円以上にならない。ソフトバンクは「アプリケーションの種類に関わらず、すべてのデータ通信に適用する」としており、IP電話ソフト「スカイプ」などの利用でも定額制の範囲内とする方針だ。年内は上限額を5985円とするキャンペーンを実施する予定だ。発売当初、「HSDPA」に対応するのは東京23区の一部と全国の政令指定都市の一部となる。

 個人で購入する場合、オープン価格だが、ソフトバンクの直営店では3万円弱を見込んでいる。割引サービス「スーパーボーナス」へ加入しても、3万円弱の頭金で端末を購入できる見込み。「スーパーボーナス」では、1万円のキャッシュバックが受けられ、端末購入の初期費用は2万円弱という計算になる。ただし、同割引を利用すると、2年間月々24回の分割払いでの端末購入となるため、途中で解約すると未納分の支払い義務が発生する。

 法人向けの販売はソフトバンクテレコムの営業部隊が担当する。ソフトバンクテレコムの通信網構築サービス「アルティナ」のサービスと組み合わせた販売も手がける予定。法人向けの端末販売価格は、「スーパーボーナスと組み合わせる場合とそうでない場合とがあり、一概には言えないが、個人向けと同程度になる見通し」(ソフトバンクの村越正之・マーケティング本部MD統括部統括部長)という。


とありました。

 一頃注目されたPDA端末の価格を考えると、高速の通信機能や電話、ビジネスソフトが最初から付いていて2万円で手にはいるなら意外にお得かも知れないですね。

 携帯向けの動画配信サービスなどが増えることを考えると、これから注目されるかも知れません。

 もしかすると個人用というよりも営業マン向けなどのビジネス用で普及するかも知れないですね。パソコンを持ち歩くよりは手軽な感じがします。

 後は、サービスエリアがもっと広がらないと使いにくいといえそうですね。
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。