2006年10月10日

グーグル、YouTubeを買収


 米グーグルが動画投稿サイトで一躍注目され、日本からの利用の拡大や著作権問題などでも話題になっているYouTubeを買収するとのことです。

 記事はNIKKEI NETからです。

■米グーグル、動画投稿サイトを2000億円で買収

 米インターネット検索最大手グーグルは9日、急成長している動画投稿サイト運営会社、米ユーチューブを買収すると発表した。株式交換による買収で、買収総額は16億5000万ドル(約2000億円)の見込み。

 グーグルは有力な新サービスを積極的に取り込んでおり、利用者が急増している動画投稿サイトでのネット広告収入の拡大を目指す。年内をめどに買収手続きを終える方針。

 ユーチューブはグーグルの完全子会社になるが、知名度や存在感を生かし独立した運営形態をとる。さまざまなサービスにかかわっているグーグルが持つ技術や広告主獲得のノウハウを活用し、事業の強化につなげたい意向だ。


 ユーチューブは2005年に設立。全世界から1日約6万5000本のビデオ提稿を受け無料で公開しており、1日1億本以上が見られているという。

 日本でも人気だが、同サイトには人気歌手らのビデオが無断で投稿されることがあり、著作権の侵害が問題視されるケースも出ている。


とあります。


 ネットビジネスは、装置産業や製造業、小売業などのビジネスに比べ設備投資が少ないことや、肝心のインターネット環境を自前で用意する必要が無いなど、ビジネスを始めるには優れたアイデアがあればスタートできるという利点を持っています。

 従って、多くの利用者に支持されるようなビジネスを始めると投資収益率は高くなる傾向にあるといえます。

それ故、新規参入の障壁も低いことになるので高収益を期待し次々と競合企業が増えてくることとなります。

 ですので、高収益を謳歌できる期間が短くなってきているように思われます。
(高収益で成長を続けるのが難しくなってきている)

このような環境の中で、成長を続けるにはネット内でのサービス範囲を拡大していくことが、成長を続けるための一つの手段なのかも知れません。

 web2.0で象徴的なロングテールというよりも、グーグルの戦略はネットの中での「規模の経済」を狙っているように思えます。

つまりネット社会での強者の戦略は、「規模の経済」といえそうです。
posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。