2006年09月30日

10月福岡で”無人ホテル”がオープン


 法律の関係で完全に無人というのは難しいようですが、人員を大幅に削減したホテルが出来るそうです。

 日本経済新聞(2006.9.30、12面)には

■伊藤忠・オリコなど5社、「無人ホテル」を展開

 伊藤忠商事やオリエントコーポレーションなど5社は10月から、フロントでの入館手続きが不要な「無人ホテル」を展開する。

鍵機能付きのオリコクレジットカードを使い、フロントでの鍵の受け渡しや支払いの手間を省くため、基本的にフロントに人を配置せずに済む。08年までに全国で十数軒を開業させる。

 法律でホテルに受付担当を置くことが定められており、完全に無人とはいかないが、要員数は通常の半分程度で済むという。



 07年からは宿泊客が端末で提携先の飲食店アドに注文し、宿泊料とともにカードで決済するシステムも導入する。

とあります。

 仕組み的にはそれほど新しい技術を使っているわけではないので面白くはないですが、「無人ホテル」とはよく思いついたものですね。おサイフケータイもこのカードとして利用できるということなので、鍵の管理という面では非常に便利な気がします。

 本来ホテルは、もてなしやサービスが重要だという気がしますが、ビジネスマンを対象にすると、このような機械的なホテルも消費者に支持されるのかも知れない。
今まで以上に人間関係が少なくなるので、気分が落ち込んでいるときは、余計もの悲しくなるかも知れない。

 消費者がこのようなホテルをどう評価するか分かりませんがが、面白い試みといえます。

 ただ、犯罪などの悪いことに利用されることのないよう、会員になるときの審査は重要になりそうです。


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:16| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。