2006年09月27日

電子決済の共用読み取り端末を開発

 Edyやsuicaといった少額決済用のプリペイド方式の電子マネーや、iD、スマートプラス、クイックペイといった後払い方式の電子クレジットカードがあり、これらの機能が携帯電話で利用できることもあり急速に普及を始めています。

 しかし、これらの電子決済サービスは、名前が違うと情報の持ち方が異なるためそれぞれの形式に応じた端末装置で扱う必要があります。

 つまり、お店にすればいくつも端末をおけないからどれかを選択するか、もしくはなりふり構わず規格に合わせた端末を複数台設置するかという問題が発生しますし、

 利用者から見れば、自分が契約している電子マネーがお店によっては利用できないという不便が起きることになります。

 今回、NECが開発した端末は1台でこれら代表的な電子マネーが扱えるので、お店にとっても利用者にとってもありがたい機能を提供してくれることになります。

 ICカードインタフェースがいずれのサービスでもフェリカというソニーが定めた規格を利用していたことが、共用端末の出現を容易にしたといえます。

以下、記事(日本経済新聞、2006.9.27、13面)の概要です。
■NEC、電子決済の共用読み取り端末を開発・主要6種類に対応

 NECは電子マネーや携帯クレジットなどの電子決済サービスで使う読み取り装置で、「スイカ」や「iD」など主要な6つの電子決済に1台で対応できる共用端末を開発した。まずローソンが11月から店舗への導入を始める。電子決済はここ数年利用件数が増加しているが、運営会社によって端末が異なるため共用端末の開発が課題だった。共用端末の実用化で、電子決済の普及に弾みがつきそうだ。

 開発したのは、ソニーの非接触ICカード技術「フェリカ」を使う電子決済サービスに対応した端末。電子マネーでは東日本旅客鉄道(JR東日本)が運営するスイカなど2種類、携帯クレジットではNTTドコモのiDなど4種類の計6種類に対応する。6種類合計の契約数はのべ3700万件を超えるもよう。

 ローソンは新端末を約1万8000台導入する計画のほか、サークルKサンクスも2007年秋から同端末約1万4000台を導入の見込み。1台の価格は約15万円で、単一の電子決済サービスに対応した機器とほぼ同等にする方針。

 共用端末では、JR東とドコモがそれぞれ運営するスイカとiDの両方決済できる機器を来春投入に向け開発中。また7&iHLDも来秋の実用化に向け自社で発行する電子マネーやスイカなどの規格に対応した端末の開発を進めている。


とある。

 せっかく殆どの電子マネーに対応した共用端末が開発されたのに、異なるタイプの共用端末が開発されているということで、結局消費者に混乱をもたらす可能性は残ることになりそうです。

 技術を早く磨き上げるのは競争が必要ですが、競争が過ぎるといろいろな規格が生まれ混乱を招くこととなります。競争が一段落し淘汰されるのを待つしかないというのも困ったことですよね。



posted by ネット社会の水先案内人 at 22:11| 静岡 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、
7&iHLDも来秋の実用化に向け自社で発行する電子マネーやスイカなどの規格に対応した端末の開発を進めている。
とありますが、上記には、NECと記載されていますが、では、7&iHLD?
突然の書き込み大変失礼かと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。
私、ネット社会の 水先案内人様の記事に大変興味がある中村賢一と申します。
Posted by 中村賢一 at 2006年10月27日 16:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。