2006年09月14日

グーグルアース、日本語版がスタート


 衛星写真と航空写真を組み合わせたgoogleの地図サービス「グーグルアース」の日本語版が提供されました。主要都市なら、車もはっきり見ることができます。更に世界の観光地の動画情報が見ることができたり、公園などの詳細情報も提供されるそうだ。

 地図を介していろいろな使い方ができそうだ。暇つぶしに世界のあちこちの都市を上空から見ることとができるので、ちょっとした旅行気分も味わえる。

 NIKKEI NETの記事には

■グーグルアース、日本語版がスタート・国内の建物の3D表示など可能に

 検索大手のグーグルは14日、衛星写真検索サービス「グーグル・アース」の日本語版の提供を始めたと発表した。無料版に加え、有料の多機能版、企業向けの商用版を合わせて開始した。国内の建物の3次元表示を可能にしたり、日本の利用者向けにスーパーとコンビニエンスストアを区別して表示したりといった機能も盛り込んだ。


 グーグル・アースは衛星写真と航空写真やタウン情報を組み合わせ、世界の都市のレストランや観光・公共施設などを地図上に表示することができる。日本の都市については日本語で検索できるようにしたほか、表示方式を選べば建物の3次元表示やスーパー、コンビニ、ファミリーレストランなど日本の店舗形態に合わせたカテゴリー別の表示ができるようにした。

とありました。

http://earth.google.co.jp/index.html

からプログラムが入手できます。
まずは試して見てください。

同じく以下の記事もありました。

■グーグル、「グーグルアース」に新機能・世界各地の映像表示【DJ】

 サンフランシスコ(ダウ・ジョーンズ) 米インターネット検索大手グーグルは13日、人気の3次元地図ソフト「グーグルアース」に新たな映像機能を付け加え、世界のあらゆる場所の情報量を増やしたと発表した。

 この新機能は、グーグルアースをインストールしたすべてのコンピューターで利用できる。

 同社によると、グーグルアースのサービスを昨年開始して以来、ダウンロード件数は1億件を超え、検索エンジンのほかでは同社にとって最も成功した製品の1つとなった。

 このソフトは、マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」、アップルコンピュータの「Mac」、無償OS「リナックス」で動作するコンピューターへのダウンロードは無料だが、プレミアム版は有料。

 今回グーグルアースに付加された機能は、「フィーチャード・コンテント」のチェックボックスをクリックすると、都市や観光地の動画がオンラインで再生されるというもの。こうした画像は、ディスカバリー・ネットワークスや新興企業のターンヒア(本社:カリフォルニア州エメリービル)が提供している。

 連邦政府も58カ所の国立公園の詳細な情報を提供しているほか、国際連合(UN)は、アマゾンやアフリカを含む世界100カ所の環境破壊が進む様子を示す連続画像を提供している。

 グーグルアースは3カ月前、表示できる衛星画像の対象地域を4倍に拡大し、世界人口の約3分の1が自宅やその周辺の画像を見ることができるようになっていた。

 新サービスは、グーグルの地図サイトでは利用できない。


とありました。

 まずは遊び感覚で使っていく中で、面白い活用方法が見えてくるように思います。

posted by ネット社会の水先案内人 at 23:05| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットの新潮流 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。