2006年08月26日

歩行者検知し衝突を回避する車


 トヨタは「交通事故死傷者ゼロの実現」に貢献するため「サステイナブル・モビリティ」の実現に取り組んでいるようです。そのために「より安全な車両・技術開発」はもとより「交通環境整備への参画」「人に対する交通安全啓発活動」を通じ、交通安全への幅広い取り組みを強化していく考えのようです。

 そこで、思うように販売が伸びていない「レクサス」の最新車種「LS460」に最新の衝突回避システムを搭載するとのことです。

 車が搭乗者と歩行者双方の人間の安全を守ってくれるようです。

記事(日本経済新聞、2006.8.26、9面)には

 トヨタ自動車は25日、最新の衝突回避システムなどの安全技術を9月に発売する高級車ブランド「レクサス」の旗艦車種に搭載すると発表した。
物体を検知するレーダーなどを改良。歩行者や後方から接近する車両との衝突を防ぎ、事故の被害を和らげるシステムを開発した。

最新システムによる高い安全性能を訴えて、商品の魅力を高める戦略だ。



 歩行者との衝突回避はミリ波レーダーとカメラを併用することで実現した。歩行者を検知すると音などで運転者に警告するほか、衝突の危険性が高いときは自動的にブレーキが作動する。後部バンパーにもレーダーを埋め込み、後続車が接近しすぎると尾灯の点滅で警告。衝突されてもシートのヘッドレストが自動的に動いて頭部を保護する。

 操作のしやすい駐車支援システムや停止状態から時速100キロメートルまで前方車両との車間距離を維持しながら追従できるシステムも搭載する。


とある。

 夢のような技術が、高級車とはいえ市販車に搭載できるようになったのは凄いことのように感じます。

 本来人間が、車の良い面、マイナス面を正しく認識し安全運転に心がければ必要のない技術かも知れませんが、現実は日々多くの交通事故が発生しているといえます。が、現状では車メーカーとしては、安全なより車を開発することが競争力になっているのでしょう。

 弱い人間を、車がサポートする時代なのかも知れないですね。

これって、最近私が関わっている情報セキュリティに関する対策でも、確実で有効な対策は「システム側で情報の漏洩を監視したり防いだりする仕組み」となっているように思います。

 人間が文明の利器である車やITを主体性を持って使いこなせないと、車やITの仕組みで人間の行動が制御されるという不思議な世界が近づいているような気がしないでもないです。技術の進歩を単純には歓迎できないようにも思います。

参考:衝突回避の仕組みの詳細
http://www.toyota.co.jp/jp/news/06/Aug/nt06_041.html


本日のその他の動き
・ソニー、ブランドに打撃。アップル向け電池もリコール。(3面)
・[けいざい新景]映像配信ビジネス増加などで通信量2年で2倍に。インフラ整備誰が負担。ネット「ただ乗り」論争も。(5面)
・停電・地震に企業活動とめさせない。システム障害への対策強化。「事業継続計画」策定済み企業はまだ15%。情報システム大手が支援サービスを強化。(9面)
・TBSと楽天、放送と通信の融合を睨んだ業務提携交渉進展せず。(9面)
・JTBとNTTデータ、健康管理支援で提携。(11面)
・電通、テレビCMをネットで受注するシステムを導入。コスト削減と納期短縮を実現し中堅・ベンチャー企業の需要を開拓。(13面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 06:50| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。