2006年07月17日

携帯使用の商取引、市場規模7200億円に。

 携帯電話の普及や通信料金の定額化などにより、携帯電話を利用した商取引が、その市場規模を拡大しているようです。
詳細は18日に総務省から発表されるとのことです。


記事(日本経済新聞、2006.7.17、5面)には

 携帯電話を使って音楽をダウンロードしたり、通信販売をしたりする市場の規模が大手百貨店の売上高並みに成長したことが総務省の調査で分かった。

2005年の市場規模は7224億円と前年比39%増。「着うた」の普及などで急激に市場が伸び、早期に1兆円規模に育つとの見方も出ている。

 総務省は18日に調査結果を公表する。携帯電話を使う商取引は着うたを取り込むような「コンテンツ」の取引と、商品購入申し込みやチケット予約など「商品取引」の二つに分けられる。


 「コンテンツ」は着メロが短所となって市場が成長。最近は着うたに加えてゲームのダウンロードなども人気で05年の市場規模は3150億円と前年に比べて21%増えた。

「商品取引」は57%増の4714億円。携帯からネットに接続して申し込む商品の購入だけでなく、オークションなどの利用も増加。

携帯電話各社が定額制の通信サービスを充実していることも追い風になっている。

 市場規模を大手百貨店と比べると、大丸(06年2月期連結売上高約8200億円)に迫る。

携帯電話による商取引は毎年数十%の伸び率が続いている。


とある。

 携帯で購入するものといえば、従来は着メロ、着うたにゲームやニュースなどの情報サービスだったと思っていましたが、これらに加え商品購入やオークションなどの利用も急拡大しているとのことです。

 この記事の意味は大きいと思います。
インターネットでのオンラインショッピングに慣れてきた層が、携帯での取引に移行しているのではないかと、個人的には思います。ネット通販で有名なアマゾンもアマゾンモバイルで携帯からの利用を可能にしています。このようにPCでの通販サイトはほとんど携帯電話での利用を可能にしています。

 今回の総務省の発表に含まれているかは分かりませんが、携帯電話での株取引も増えていると聞きます。

 こう考えると、オンラインショッピングに慣れた人々には携帯での利用は、
@いつでもどこでもといったように、時間と場所を選ばず、好きなときに購入ができる
APCでの利用経験から携帯での売買にも安心感を持っている
Bオンラインでの購入になれてきたので適している商品が分かってきた
Cサイト誘導に際し、雑誌や広告など他のメディアとの親和性が優れている
といった理由から、便利な手段となってきているように思います。

 ビジネスをする側から見れば、消費者に直接販売している販売形態の企業は、携帯電話を自社の拡販に如何に旨くつなげるかが重要になってきているように思われます。


本日のその他の記事
・大手証券、ネット取引の補完も狙い、コールセンター拡充へ。(5面)
・ゲームソフト各社、「ネット対応」開発加速。(11面)
・米オムニコム、ネット有力者の「口コミ」で販促。日本で企業支援。(11面)
・サイバード、映画予告編、携帯に配信。(11面)
・[メディア仕掛け人]デザインバーコード、見るバーコード、楽しめる広告に。(11面)
・ネットオークションは副業に当たるか?程度によっては規則違反に。(16面)
・[数字は語る]子供が家庭で「ネットを利用する際のルールを設けていない」48%の保護者が回答。(21面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:30| 静岡 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ヤフオクの最後の数時間は携帯からの方がいいような。
パケ放題だったら特に。

Posted by kossy at 2006年07月18日 04:02
コメントありがとうございます。

確かに、オークションでどうしても落札したいものがあれば、締め切りが近づいたときの対応の仕方次第のような気がしますので、携帯からのほうが有利になるということでしょうか。

自分が欲しいものは、人も欲しいというケースが多いので、締め切り3時間前にはいつも予算オーバーでギブアップしているような。

いずれにしても、パケ放題なら料金は気にしなくていいですものね。
Posted by ブログオーナー at 2006年07月18日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。