2006年06月19日

ヤフー、成果報酬型広告に現金制

 W杯での日本、いろいろ意見をお持ちの方はおられると思いますが、まだかすかに決勝トーナメント進出に向けた可能性があり、ホットしている方も多いのではないでしょうか。

 ブログ人口の増加に伴い、個人のブログに広告価値を見いだす企業が多くなりつつあるように感じます。こんな流れを受けて、ヤフーは楽天に比べ仮想商店街の店舗数で30%強ある差を、成果報酬型広告(アフリエイト広告)の強化で巻き返しを図るとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.6.19)11面)には

 ヤフーは9月から、同社の仮想商店街の店舗の販促策として、同社の通販売上増にネット上で協力した個人に報酬を現金で支払う新しいサービスを始める。

ネット通販では個人のブログの協力取り付けが重要性を増している。現金による報酬支払い制度を導入して、同部門で先行する楽天を追い上げる。


 ヤフーのサービスを使って個人が開設するブログやホームページで、同社の仮想商店街を紹介してもらう。ページの中に設置した広告をクリックすると仮想商店街にたどり着くアフリエイト広告の仕組みを採用する。

 ブログ経由で売上に結びついた場合、売上金額の数%に相当する報酬を現金もしくはポイントで支払う仕組み。従来はヤフーの仮想商店街でのみ通用するポイントを支給していた。

 現金報酬の導入で、約8万人のアフリエイト広告登録者を早期に20万人まで引き上げる。アフリエイト広告は仮想商店にとって販促効果が高いことから広がりを見せている。
 一方楽天は、全取扱高のうち3−4割がアフリエイト経由といわれ、(ヤフーより大幅に高い比率)成長を支える一因になっている。楽天ではアフリエイトの報酬はポイントでのみ提供するものの、全日空やTUTAYA、ローソンで使用できるポイントとの相互交換を可能にしている。ポイントの提携先を広げアフリエイト利用者を更に増やす。

 ヤフーも全日空と5月にポイント交換を開始。来春にはスイカと交換を始める。ポイントはヤフーオークションでも活用することを検討するなどポイント交換でも楽天を追い上げる。


とある。(一部編集)

 サイト利用者では圧倒的な優位に立っているヤフーですが、こと仮想商店数や通販売上では楽天に差をつけられているようです。ただここ1年でヤフーでの仮想商店の出展数が3倍になるなど激しく追い上げているようです。

 今回、更に商店街への来店者を増やすことで店舗全体の売上を増し、そのことで出店を増やすという好循環を狙っているようです。

 今回販促手段として使われるアフリエイト広告ですが、広告とサイト訪問との対応が明確になるので、広告に対する費用対効果がはっきりすることとなります。広告主の企業にすれば、反応率が掴みにくいマスメディアへの広告に比べると、サイトに誘導できた広告に対してのみ報酬を支払うこととなるので、広告効果は100%とともいえます。

 矢野経済研究所の調査によると、アフリエイト広告の市場規模は05年度で前年比77%増の314億円程度と見込まれ、08年には1000億円を超えると予想されています。
 アフィリエイトは中小企業にとっても魅力ある広告手段といえるでしょうし、個人から見ると質の良いブログを書くことがサイドビジネスになるようです。


本日のその他の記事
・ネットと文明:第5部カイシャ変容、競争力の源は「わいガヤ」(1面)
 ネットによる仮想(2感)の世界のコミュニケーションは、スピードを生む半面、組織力を弱める可能性もある。現実(5感)の世界での補完し活力を引き出す。現実と仮想の均衡点に、豊かな文明社会に役立つ組織モデルが見えてくる。
・会社法の施行を受け、上場企業の97%が定款変更。(電子メールでの取締役会決議89%、インターネットを活用した事業報告の開示84.9%、日経調査)(1面)
・NTT番号情報、携帯向けタウンページを拡充。(11面)
・携帯向け情報配信のインデックス、「スターウォーズ」の携帯向け公式サイトを開設。有料会員に一部動画を配信やグッズ販売など。(11面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 19:32| 静岡 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ヤフーオークションでも8月から成果報酬型(アフィリエイト)広...
Excerpt: 今日は一つ下のエントリの「CanCamTV」の可愛いバナーをご覧頂いてからこちらのエントリを読んでチョ。 昨日付けのニュース(IT-PLUSをどうぞ)だが、印象に残ったのでご紹介しておこ..
Weblog: 両国さくらのネットで☆ファッション☆
Tracked: 2006-07-29 00:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。