2006年06月14日

パソコンでのEdy決済の普及に共同プロジェクト

 おサイフケータイの普及により、電子マネーも本格的な利用フェーズになりつつあります。しかし、パソコンでネットショッピングをした決済に、Edyを利用しようとすると、別途Edyカードなどの読み取り機などを準備する必要があり、普及していませんでした。

 このような問題への対応を共同プロジェクトで行うようです。

記事(日本経済新聞(2006.6.14)13面)には

 インテル、マイクロソフト、電子マネー「エディ」を運営するビットワレットの3社は、パソコンでの電子マネー決済の普及を目指す共同プロジェクトを発表した。

 実証実験やPRを通じてパソコンメーカーやネットサービス会社に導入を呼びかける。1年後にエディ対応パソコンなどの出荷数を3倍に、対応サイトを2倍増やす目標。


 エディは、店頭の読み取り装置などにかざすだけで買い物が出来る前払い式の電子マネーで、JR東日本の「スイカ」などと陣取り合戦を繰り広げている。

ただパソコンには読み取り装置がほとんど搭載されておらず、ネット決済にはまだ普及していない。

 インテル、マイクロソフト、ビットワレットの3社は、パソコンメーカーにエディの非接触ICカード技術「フェリカ」の読み取り装置の搭載を呼びかける。またネットサービス会社にはネット決済が可能なサイト開設を働きかける。

 普及すれば、カードや携帯電話をパソコンにかざしてサイトで買い物をしたり、映像コンテンツを購入できる。

 店舗に行かずにパソコンで入金も出来る。3社は数百億円のネット取引高を1年で倍増する目標。


とある。(一部編集)

 パソコンに標準読み取り装置をつけて売り出すことで、確かに利用が促進されるかも知れない。少なくとも、わざわざ自分で装置を用意することを考えると誰の目にも便利になるように思います。

 後は如何に、顧客に難しいと言わせないかが重要と思う。画面や操作手順を分かりやすく工夫することも重要と言えるでしょう。

本日のその他の記事
・KDDI、DIONの顧客情報400万件流出。(1面)
・金融庁、売掛債権のネット取引で第三者の情報管理機関の設置を検討。(4面)
・米グーグル、衛星写真検索サービスのグーグル・アースを改良。高画像地域4倍に。(7面)
・KDDI顧客情報流出、対策困難浮き彫り。(9面)
・インターネット接続事業者のぷららネットワークス、光通信サービスの利用者向けに「ウィニー」の利用規制を導入。但し、希望者は規制を解除可能。(13面)
・IT関連書籍出版のインプレスHD、自社のネット媒体を活用し、IT技術者に特化した人材ビジネスに参入。(13面)
・オリンパス、画像と音楽を融合するコンテンツをネットで提供へ。(13面)
・アフリエイト広告仲介のインタースペース、広告主の商材全ての広告をブログなど会員サイトに配信するサービスを始める。(15面)
・ネット広告のポインテージ、利用者が様々なサイトで獲得したポイントを映画や音楽などの特典と交換できるサイトを8月より開設する。(15面)
・ネット広告のサイバーエージェント、ネット利用者が自分で制作した動画をネット上に投稿できるサービスを始める。(15面)
・携帯ソフト各社、携帯端末の効率的開発のための技術開発を競う。(15面)
・電話帳発行のサイネックス、就職支援のビジャストと提携し、中小企業の求人広告を月額1万円でネット上に掲載するサービスを始めた。(15面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。