2006年05月29日

検索履歴を分析した広告の新手法


 広告市場ではラジオ広告が減り、一方でネット広告が急速に拡大し今や規模で逆転したとのことです。

ネット広告は、よりネットでの視聴者を意識した広告でその効果を高める方向にしかしているようです。不特定多数への画一的な広告から、サイトに訪れたコンテンツに関連した広告とへと進化してきた訳ですが、さらに過去のページの閲覧状況から最適な広告を表示するというレベルにしかするとのことです。

記事(日本経済新聞(2006.5.29)11面)には

 ヤフーやサイバーエージェントなどネット各社が相次いで、利用者のインターネット上での行動を基に、関心を持ちそうな情報を提供する新しい広告手法を採り入れる。

長時間にわたって入力した検索語や見たサイトを記録・分析して消費者の好みを把握する。広告単価の引き上げを狙うが、利用者は「監視されているようだ」と感じる可能性もあり、本格普及には課題もありそうだ。



 ヤフーは7月から新型広告「行動ターゲティング広告」を導入する。利用者がヤフー上で検索した言葉などを28日分記録し、それを読み取ってその人の関心を把握する。
現在、検索したキーワードに関連した広告を表示する「検索連動型広告」を採り入れている。

 ネット広告大手のサイバーエージェントやデジタル・アドバタイジング・コンソーシアムもこのような行動ターゲティング広告を始める。

 米国では行動マーケティング型広告は、検索型連動広告に続く成長分野と見られている。米専門誌の調査では昨年度はネット広告の8.3%を占めた。ただ長期にわたるサイト閲覧の情報を利用するため、「プライバシーを見られている」という声もある。利用者に対して丁寧な説明が必要になりそうだ。


とある。(一部要約)


 この記事を読んで、amazonで本を買うと、サイトを訪れたときの参考にした本の傾向や実際に購入した本の購買履歴から、サイトにログインしたときに本人の傾向に応じた本の紹介が現れるようになっている、ことを思い出しました。

 この行動ターゲティング広告ですが、まさにamazonの販促手法が、ヤフーなどのサイトで幅広く行われるといったイメージのようです。したがって広告を出す企業から見ると、よりヒットする利用者に向けメッセージを届けることが可能になるといえます。

 つまり、興味のある人に対しピンポイントで広告を打てることとなるわけです。不特定多数に広告せざるを得なかった従来の広告手法に比べれば、なんと効率的な広告でしょう。

 多くの企業に支持される広告手法に育つように思います。
ただ、利用者から見ると自分の行動を監視されているような感情を抱く恐れがあるので注意が必要とのことだそうです。無断で履歴が採られるのではなく、利用者がこのサービスを選択できるようにする必要があるかも知れないですね。


本日のその他の記事
・価格比較サイトのカカクコム、保険販売店を開設し店頭販売へ。(3面)
・三井物産、携帯コンテンツ配信事業をロシアで拡大。(9面)
・住友商事とフジテレビジョン、年内にもインドネシアで携帯電話を使った視聴者参加型テレビ番組事業を始める。(9面)
・幻冬舎コミックス、6月から新作の連載漫画を携帯電話向けコンテンツとして配信する。(11面)
・インターネット配信専門の音楽レーベル「イーサム・レコード」、所属アーティストの楽曲をネット限定で配信、利用者の取り込みとネットでの新人育成に取り組む。(11面)
・VODサービスのゲオBBが6月からセントラルスポーツと組み、フィットネス番組の配信を始める。(11面)
・[経済教室]多様な情報技術分野の製品やサービスをつなぐ基盤を提供する人材の育成に向け官民一体で知識立国へ一貫戦略をとるべき。(20面)
などがあった。
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:34| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18565074
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。