2006年05月13日

ソフトバンク、アップルと携帯で提携


 朝刊を見てちょっと驚かされた記事がありました。
一昨日、ドコモが「着うたフル」に対応するという話題を取り上げましたが、本日はボーダフォンを買収したソフトバンクが、iPodで躍進中のアップルと携帯電話事業で提携するという話です。

記事(日本経済新聞(2006.5.13)1面)には

 ソフトバンクと米アップルコンピュータは国内の携帯電話事業で提携する。アップルの携帯音楽プレーヤーiPod内蔵の端末を共同開発して年内にも発売する。

ボーダフォン日本法人買収で携帯市場に参入したソフトバンクは、ブランド力の高いアップル製品を、NTTドコモとKDDI(au)に対抗する切り札とする。アップルは携帯端末市場に参入し、世界で音楽配信と組み合わせた事業を展開する。




 第一弾の商品はiPod同様、アップルの音楽配信サービス「iTMS」利用しパソコンから携帯に取り込む方式を採用する。来年にも直接携帯に配信が受けられる端末を開発し発売する。価格、サービス内容の詳細は今後詰めていく。

 新端末はボーダフォンの店舗のほか量販店などが扱う予定で、携帯の店舗ではアップルの製品も扱う。

 ソフトバンクは高速インターネット接続を「有線と無線」「パソコンと携帯」どちらでも利用できるサービスの計画を打ち出している。アップルは消費者の使い勝手を重視し日本で同社との提携を選んだ。

 アップルは米国でモトローラにiPod技術を供与しiPod付き携帯電話を販売しているが直接音楽配信はできない。今後は米国など海外でも各国・地域の携帯電話会社と組んで同様のサービスを拡大し、携帯端末を販売していく方針。

 音楽配信市場は、パソコンiTMSが全世界で7割超のシェアを握るが、日本は携帯電話向けが優勢。


とある。(一部省略編集)


 本当のところは不明なので推測ではありますが、ソフトバンク、アップル両社にとってメリットのある提携と言えそうです。

 アップルから見ると、世界の7割のシェアを有している音楽配信サービスのiTMSが日本市場では、auの着うたフルなどで必ずしも優位に立てていないようです。
もともと、アップルの戦略はiPodのハードで稼ぐよりも、使い勝手の良い音楽配信サービス「iTMS」で利益を得るビジネスモデルとなっています。

 ですので、ソフトバンクにiPod技術を提供しても何ら問題なく、直接配信可能なiPod機能を携帯電話に取り込んだ方がメリットが大きいと判断しているのだと思います。
それに、日本での携帯電話の高機能化はやがて世界にも広がるとの読みもあるかも知れません。もし世界に携帯の多機能化が進めば、今回のiPod機能を実現した技術が大きなアドバンテージになると予想されます。

一方、ソフトバンクから見るとauは着うたフルで携帯電話を利用した音楽市場をリードしており、更にドコモも通信の高速化や携帯への楽曲の直接取り込みなど巻き返しを狙っています、ボーダフォンも機能面ではすでに同等機能を提供しているわけですが、現状のままでは端末そのものの販売シェアもあり苦戦が予想されます。そこで今回iPod機能を取り込むことで、一気に機能面・価格面から音楽配信で優位に立てることとなります。
 さらに音楽だけでなくポッドキャスティングへの対応も当然可能になると思われますので、音楽配信の世界標準になる可能性も否定できないように思います。

 具体的にどのような機能・サービスが実現されるのか、対応製品の登場を待つ必要がありますが、携帯向けの音楽配信市場に大きな影響を及ぼすことは間違いのないところではないでしょうか。


本日のその他の記事
・NTT,「光回線」は好調に伸びているが固定電話は苦戦で減収。(3面)
・NEC・三菱電機・東京大学、盗聴不可能な量子暗号通信を長距離でも利用可能に。(11面)
・大日本印刷、指・手のひら両方の静脈に1枚で対応可能なICカードを開発。(11面)
・富士通、ICタグ使い部品の入出荷システムを開発し自社工場に導入。(13面)
・富士通、流通・製造向けに情報システムを駆使してCO2削減を指南するサービスを始める。(13面)
・服も雑貨も携帯通販。手軽さで若い女性の利用が拡大。(31面)
などがあった。
 


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:45| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。