2006年04月15日

カブコム、災害時に備え福岡に第二システムセンター。


 2006.4.15日本経済新聞朝刊より

 経済産業省が昨年示した、ガイドラインの一つにBCPがあります。
BCPとは事業継続計画の意味で、地震や風水害、火災・事故などの災害が発生しても素早く事業が再開できるように準備を普段から行っておくことを示しています。

 元々この考えはアメリカで起きた同時多発テロを教訓に注目を浴びました。つまり備えのある企業はすぐに事業を何とか再会できるものの、備えのない企業は再会に多くの期間を要することとなったようです。

 特に、昨今ではコンピュータシステムが、事業の根幹の役割を担っているケースが多くなってきたため、コンピュータシステムの災害対策もこのBCPの重要な位置を占めています。

 ネット専業証券のカブドットコム証券が、福岡県内に「第二システムセンター」の運用を近々始めるとのことです。(4面)東京にある同社の主力システムとほぼ同規模のシステムだそうです。両システムのデータの同期をとるようにし、もし東京のシステムに問題があっても、5分前の状況を30分以内に福岡で立ち上げることができるようにするとのことです。

 確かにカブコムのシステムに問題が発生したら、自社の顧客の取引だけが行えなくなり、もしその復旧に長期間を要したら事業そのものがおかしくなるおそれがあるといえます。確かにシステム投資は多くなりますが、災害時の事業への影響を最小限にするとともに、新規顧客を獲得する観点から「安心できるシステム」ということで競争力の確保につながるといえます

 このことからも判るように、システム投資は経営者の重要判断要件といえます。

■ネットと文明:第4部常識オセロ:短命のカリスマ、「我こそ先導」しのぎ削る(1面)
記事要約
 寸暇を惜しみ本を読み、素朴な書評をブログで発表し、多くの支持を集める無名の書き手が浮上する。ある時は羅針盤、ある時は情報におぼれない救命胴衣の役割だ。そんなプロ顔負けの評者は「カリスマブロガー」とあがめられる。

 そんなカリスマブロガーの一人は、ある日経歴への疑いで批判にさらされるようになった。匿名性を持つ世界。群集の心理は熱しやすく冷めやすい。カリスマと祭り上げた末に、手のひらを返す攻撃性を秘める。

 あらゆる情報を把握し序列づけする検索サイトもネットの世界で権威として台頭する。最大手の米グーグルは情報の荒波を人々が乗り切る頼みの綱になるのか、それとも逆に支配者になるのか。
 検索エンジン対策を不正と見て、グーグルは突然いくつかの企業が検索結果に表れなくした。また中国政府の検閲要請に協力している。

 人々の思想や技術、生活様式などを巡り、試行錯誤を重ねる内に文明への道が開ける。ネット上のカリスマが一人居座り続けるのではなく、しのぎを削り、次の牽引役がすぐに取って代わる。新たな情報文明に向け、ネットを舞台にした先導役競争が始まろうとしている。

 よく考えてみると、ネット上の特別な現象ではなく、現実の世界でも先導役競争は起きているようにも思えます。つまりリアル社会の縮図が、(スピードや影響範囲の違いがあるかもしれないが)ネット上にあると見ることもできそうな気がします。ネット社会を300年も経験すれば全く変わるかもしれないが、まだ人類は10年あまりの経験しかしていないですよね。


■地上デジタル放送、2010年末の視聴世帯95%に・総務省(5面)
 http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2006041407200ba

■米グーグル、無料の予定管理サービス開始(7面)
 http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=2006041403802ba

■京セラ、中国で低価格携帯。(11面)
 http://it.nikkei.co.jp/mobile/news/index.aspx?i=2006041408581fa
などがあった。

参考:新聞にはありませんでしたが興味あるデータです。
■SNSの利用、700万人突破――総務省調査、1年で6.5倍に。
 http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?i=20060414ba000ba



posted by ネット社会の水先案内人 at 20:56| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。