2006年04月06日

IT活用度、企業が自己採点

日本経済新聞(2006.4.6)5面より。

 経済産業省が7月をめどに企業のIT活用度を点数化するための指標をつくるとことです。

 参考記事:
 http://it.nikkei.co.jp/business/news/index.aspx?i=2006040508819aa

 約百項目の評価指標をネット上で自己採点できるようにし、IT活用の巧拙を把握することで、IT投資の効率性評価に利用するとともに、より経営に役立つIT活用を促進することにその狙いがあるようです。

 つい先頃発表された世界の競争力において、日本は16位と順位を下げたことの原因の一つに、サービス業における生産性の低さがあるといわれています。
そしてこの生産性の低さは、ITを経営にうまく生かしていないことによるものといわれています

 経済産業省がこのようなIT活用度評価の仕組みを作った背景には、数字でIT活用度を客観的にとらえることでその活用の弱みに気づくこととなり、IT投資のポイントを明らかにすることで、より戦略的な投資を促すことにあるように思われます。

 このことが回り回って競争力の強化にもつながることになるのでしょう。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:48| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。