2006年03月12日

診療記録、ITで提供。


 医療分野の情報武装化が言われ出して久しい。今年の医療改革では、電子カルテや診療報酬などを明確にすることで一種の牽制をはかり、医療の適正性化と医療コストの効率化を狙っているような気がする。ついに医療分野も聖域ではなくなりつつあるのだろうか。
 そんな中、日曜版の医療特集で最近のIT化の取り組みについて紹介されていた。

記事(日本経済新聞(2006.3.12)11面)には

 患者が安心して治療を受けられるように、ITを活用して診療情報を提供する取り組みが大きく動き出した。静岡県では医師の所見や検査結果を記録したCD−ROMを患者に提供するシステムが始動。厚生労働省もこのシステムの全国展開を目指す。病院の窓口で薬剤や検査など個別費用の明細書を発行する施設も出てくるなど、ITが「医療の透明化」を後押ししている。(中略)


 1月から運用を開始した「静岡県版電子カルテシステム」では、手術後の患者が通院などの都合で他の診療機関で受診する場合、従来からの紹介状とともに、診療情報(診察履歴、検査結果や検査画像など)を盛り込んだCD−ROMを電子紹介状として有償で提供する。

閲覧ソフトが一緒になっており、パソコンでCD−ROMに記録された検査結果を見ることが可能。画像データを含め過去の治療履歴や細かい検査結果を把握でき、継続的な治療計画を立てやすいと」診療所の医師に好評だ。患者も自宅のパソコンなどで自由に診ることができ、「自分の病状や治療内容がわかり、安心して医療を受けることができる。医師や病院を信頼する材料の一つになるのでは」と期待する。

 今後、県内の病院にこのシステムを動かすための仕組みを無償で配布、どの病院でも提供できるようにする。「蓄積されているデータを活用するため、医師は紹介状を書く時間を短縮できる。」と医師にも期待されている。

 他に、CTなどの検査画像を患者にCD−ROMで無料配布を始める病院もあらわれた。「他の医療機関の意見を聞くセカンドオピニオンへの活用が可能」としている。厚労省も「患者への情報提供や医療機関の連携のカギとなる」と注目しており、特に静岡県のシステムをさらに強化し来年度中に全国の医療機関に無償で運用ソフトを配布する計画だ。
 トヨタ記念病院では、検査費用や技術料などの診療報酬の点数の明細を発行できるよう改良。患者は自動精算機の画面で診療報酬明細書(レセプト)並みの情報を入手できる。
 国は来年度から「検査料」「投薬料」など項目ごとの小計が分かる領収書の発行を義務化するとともに、希望する患者にレセプト並みの明細の発行に努めるよう求めており、制度的にも治療内容とその費用の透明性が増す。

 静岡県のシステムでは、パスワードの発行や有効時間を工夫することでCD−ROMの情報が容易に漏れないよう工夫している。病名など事前に説明がないとショックを受けるような診療情報もあるので、カルテ開示と同様に、電子データでの提供の際も提供内容について各施設内で判断しており、提供方法には課題が残る。


とある。(一部省略および編集)

 今まである意味ブラックボックス化されてきた内容が、病院の外部に出ることは画期的なことかもしれない。こんごともこのような動きが病院側を含め支持されることを願いたい。ただ、具体的に進めていく上では、内容が内容だけにセキュリティ面での配慮は十分になされる必要があるようだ。

 レセプトデータの詳細情報が入手できるようになれば、もしかして診療機関で過剰と疑われるようなデータが見えてくる可能性もあるので、医療行為の透明性が一挙に実現されるかもしれない。

 以上の流れからすると、医療分野のIT化は一気に加速するようになるかもしれない。

本日のその他の記事
・楽天・TBS月末の提携交渉期限迫る。具体案示せず「延長戦」へ。(7面)
・ソフトバンクのボーダフォン日本法人の買収に対抗し米ファンドが対抗案検討。(7面)
・NEC、インドで情報システム事業を手がける新会社を設立。(7面)
・[家庭六法:学校行事と著作権]卒業式の音楽、許諾必要な場合も。(12面)
・マネー入門:決算の読み方、ネットを通じ素早く入手。説明会の動画配信も。(19面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:43| 静岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、masuzoと申します。
医療のIT化によって、患者の知りたい情報をきちんと入手出来るようになればよいですね。
ただし、便利さと情報の漏洩は、表裏一体です。最近の事例を見れば、危険さは充分に考慮に入れなければなりません。
それと、医者や医療スタッフの心だけは、IT化して欲しくないですね。

今後とも、宜しくお願い申し上げます。
Posted by masuzo at 2006年03月20日 20:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。