2006年02月15日

アマゾン、書籍・CD・スポーツ用品など直接仕入れ販売

 最近は、仕事で読む本は本屋で探すよりもネットで探して買うほうが、送料も無料になることもありよく利用するようになった。

 特に地方に住んでいると専門書や洋書などを買いたい場合、店に在庫がなく注文すると1週間は確実に待たされる。しかしネットでは簡単に見つけられるし、書評などを参考にできたりもする。
おまけに注文すると早ければ翌日には自宅に届けられる。
また読み終えて、残したくない本なら古本として出品し販売することもできる。
そしてブログなどで書評を書くなどし、アフリエイトに参加することで紹介手数料を稼ぐこともできる。

いやはや本を取り巻く環境はなんと大きく変わったことだろう。
さらに「電子書籍」も対象にすると・・・・、この先どう変化するか予想も出来ないのではないだろうか。

このアマゾンに関する記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.15)15面)には

 書籍ネット通信販売最大手のアマゾンジャパンは、今春、出版社やCD、スポーツ用品メーカーなどを対象に、直接仕入れによる委託販売の受付を始める。書籍は現在も委託販売の形をとるが、新サービスは取り次ぎ会社や卸を介さず、出版社などから直接アマゾンの倉庫に商品を預かる。

 アマゾンにとって利益率が高いほか、専門書などの品揃えの拡充、迅速な配達にもつながると見ている。

 名称は「アマゾンe託販売サービス」。書籍やCD、スポーツ用品など1冊、1個単位からサイト上でメーカーなどの登録を受け付ける。売れれば一定額をアマゾンが手数料として受け取り、所定期間内に売れなければ返品する。

 書籍では専門書など回転率の低い商品を積極的に受け入れる。一般書店では売り場効率が低下するとして敬遠されがちで、取次会社も取扱に不慣れなケースが多い。ネット書店への委託販売なら出版社はアマゾンの集客力を生かして販路を確保できる。消費者も多くの書店では取り扱っていない専門書などを手軽に検索・注文できるメリットがある。

 アマゾン側は出版社から直接仕入れるパイプを太くできる。いずれはベストセラーなど売れ筋本でも、取次ぎを介さない有利な取引条件を引き出せると期待している。

 アマゾンは昨秋、千葉県市川市に大型物流センターを開設し在庫能力が大幅に拡大した。回転率が低い商品も保管する余裕も高まったため、消費者の注文を受けて即日発送できる品目数を増やしたい考え。在庫数や注文状況はサイト内の管理画面でリアルタイムに事業者側が確認できるようにする。

 アマゾンが通販サイトで扱う商品点数は約1千万点。強力な購買力と物流網を背景に卸や取次会社を通さない直接取引を試行している。


とある。

 いやはや、書店だけでなく本の流通そのものへも大きな影響を及ぼしそうな勢いになってきたようだ。この流れは、消費者の利便性の向上や自社の業務効率を考えると当然かもしれない。

 しかし、今まではアマゾンが我慢していた部分があったかもしれないが、その販売力からメーカーも、取次会社などを通さないとダメとはいいにくくなってきたのかもしれない。

 このように、消費者に比較的分かりやすい商品のネット販売はこのような流れになっていくのかもしれない。

そして今回のこの仕組みにより、アマゾンはより競争力を高めながら収益の向上を実現し、販売シェアを伸ばすという理想的な流れになりそうな気もする。


本日のその他の記事
・シャープ、携帯で海外攻勢。中国・インドに参入。(3面)
・確定申告あすスタート。国税庁は http://www.nta.go.jp/ の確定申告書等作成コーナーの活用を呼びかけ。(3面)
・自民党のu-Japan特命委員会が「オンライン申請の利用率50%以上の目標設定が不可能な手続きは投資凍結を」と提言。(5面)
・金融庁、電子マネーなど新しい電子決済手段に関する法制見直しへ。(7面)
・三井住友海上、契約手続きをインターネット経由に限定した割安な海外旅行保険を販売へ。(7面)
・日本テレビの番組ネット配信事業「第2日本テレビ」、広告収入中心にし視聴料の大半を無料に。(11面)
・バッグ・宝飾のサマンサタバタはインターネット上の仮想商店街を運営する子会社を設立、婦人服や家具などのブランド企業を募る。(17面)
・ネット広告のサイバーエージェント、ブログを核にして個人参加型ポータルサイトの運営を始める。(17面)
・人材教育のウイルソンラーニング、研修の際に講師と受講者が利用する無線の双方向システムを開発。(17面)
・携帯向け情報配信のナノ・メディア、ワンセグ向けの広告事業を始める。(17面)
・テレビ通販のショップチャンネル、ネット上の動画をテレビ感覚で視聴できるマイクロソフトのサービスに通販番組を提供。(17面)
・システム開発のサンロフト、SNS(ソーシャルネットワークサービス)を運営するためのソフトを無料で提供。(17面)
・ネット広告のセプテーニ、検索連動広告に自動的に入札応募できるシステムを商品化。(17面)
・暗号技術開発のシーフォーテクノロジー、友人の名前や出身地などの「生活の記憶」を使った本人認証システムの販売へ。(17面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:20| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。