2006年02月01日

ソフトバンク、携帯電話向け放送事業に進出。


 ネットと通信の融合をセンセーショナルに仕掛けたライブドアが、その急速な事業拡大への焦りがもたらした影の部分に苦しんでおり、次に楽天もTBSとの連携を焦りすぎ提携はスルーダウンしているように見える。

 こんな中、ソフトバンクが携帯電話への映像放映を始めるという記事があった。

記事(日本経済新聞(2006.2.1)1面他)には

 ソフトバンクは携帯電話向けに番組を放映する放送事業に乗り出す方針を決めた。来年にも放送免許を申請し、取得し次第、試験放送を開始する。

総務省が放送のデジタル化に伴って余剰となる周波数を新規参入者に開放する検討をしており、その周波数獲得を目指す。

 実現すれば携帯電話会社として始めて放送サービスを提供することになり、放送と通信の融合が更に進む。



 デジタル放送への移行で、現在UHF放送で使われている周波数帯の一部が空く見込み。総務省が進める放送制度の見直し論議では、この周波数帯を通信と放送の融合を進めるような新技術・新サービスにも割り当てる案が浮上している。現在は地域別となっている放送免許を見直す可能性もあり、ソフトバンクは一連の制度改革にあわせ2012年をメドに全国規模で本格サービスを始める計画。

 ソフトバンクは来春、携帯電話事業に新規参入する。自社の携帯電話機に専用の受信装置を内蔵し、放送を見られるようにする。ドラマやスポーツ、ニュースなどのコンテンツ放映権を独自に取得し、最大16チャンネルで提供する。
無料放送に広告を入れたり、一部のコンテンツを優良にしたりして収益を確保する。携帯電話を通じた接続とも連動させ、番組で紹介した商品の通販なども手掛ける。

 携帯電話向けには、4月からNHKや民放大手が地上デジタル放送「ワンセグ」を始める。ワンセグは番組制作などで既存放送局が主導権を握ると見られるため、ソフトバンクは自ら放送事業を手掛けることを目指す。


とある。


 携帯に向けた映像配信は、これから益々ヒートアップしそうな勢いだ。
携帯の良さは、画面の大きささえ気にしなければ、いつも身に付けているものだけに、ちょっとの時間の合間で、いろいろな情報を文字でなく映像で入手するのに基本的な機能を有しているということだろう。

 あとは優れた映像コンテンツを作り、如何にして効率よく、見やすい映像をより安く・快適に提供できるかという話になるのだと思う。

 しかし、少し技術的な面で気になるのは携帯に映像を送る手段が、将来にわたってUHFや「ワンセグ」といった放送電波なのだろうかという疑問が湧く。

何故なら、無線LANの高速化(100メガクラス)がそう遠くない時期に実現が計画されているからだ。つまり携帯から見れば一つの通信手段で、放送もデータ通信も行えたほうが効率がよいことになる。
 先ごろ総務省は地上波デジタルの普及に特例として、LAN上にも映像を配信することを容認するような発言があったばかりだ。

 だとすると、これから6年後の放送はUHFになるのだろうか。

しかし、放送と通信の融合は、どちらかというと通信手段よりも、視聴者がお金を払ってでも見たくなるコンテンツの提供が競争優位を決定付けることになるような気もする。

これからも通信手段やコンテンツ、それに視聴者との係わり方などを組み合わせたビジネスモデルがいろいろと生まれてくるだろう。

いずれにしても、通信と放送の融合は避けて通れない時代の流れのようである。


本日のその他の記事
・有効求人倍率が約13年ぶりに1倍に回復。足りない技術者。(3面)
・携帯2強、総力戦へ。4−12月期、ドコモ営業利益8%減、KDDIは13%増。(3面)
・東証、4月にも新システム。異常注文を排除。(7面)
・プロミス。携帯で融資、上限5万円。(7面)
・カードローン、ネット専業のソニー銀が最も低金利。(7面)
・電機大手4-12月期、デジタル商品力で明暗。(11面)
・富士通、無人レジシステム、米で1600店受注。(13面)
・高千穂貿易、仏社から電子棚札を輸入・販売へ。(13面)
・NTTドコモ、来秋にもPHSサービス終了。(13面)
・ファンコミュニケーションズ、携帯電話向けアフリエイト広告の仲介事業を始める。(15面)
・エキサイト、ライフスタイルをブログで提案。(15面)
・シニアコミュニケーション、シニアのニーズを簡易ネット調査。(15面)
・ソフトクリエイト、情報機器の配置。ソフトで管理。(15面)
・通信会社のネクシオン、ハイビジョン映像をテレビ局間でやり取りするための仲介サービスを4月から始める。(15面)
・インターネット広告のオプト、新会社を設立しメルマガを活用した広告事業に乗り出す。(15面)
・医療機関を集めた医療モールを運営するL・A・メディカルマネジメントはドラッグストアやスーパーも含めた新型医療モールの企画・開発に乗り出した。(15面)
・ICタグ、店頭で便利に。ICタグの利用の事例が増え、多彩に。(35面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:57| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。