2006年01月22日

サーバー型放送で好みの番組、自宅から「注文」


 インターネット時代の放送の方法として、家庭の受信機に好みの番組などを一旦蓄積しておき、後で検索して視聴するという新たな方式(サーバー型放送)が始まりそうだ。


記事(日本経済新聞(2006.1.22)1面)には

 NHKや民間放送のテレビ番組を受信機に蓄積していつでも好きなときに視聴できる「サーバー型放送」が2007年度中に始まる見通しとなった。放送、通信、電気メーカなど約90社が参加するプロジェクトチームが3月末をメドに関連規格を統一、専用受信機の開発など本格準備に入る。

NHKは視聴者から番組ごとに料金を徴収する有料放送として展開する計画で、総務省の懇談会でも通信・放送改革の一環として議論になりそうだ。


 サーバー型放送は電波や光ファイバーを通じて送られた番組を視聴者のもとにある専用受信機の大容量ハードディスクにいったん蓄積して、視聴する仕組み。
いまのテレビ放送と異なり、受信する時刻をずらしたり、好みの番組だけを自動的に蓄積したりできる。

 例えば、蓄積したニュース番組から「政治」「経済」「社会」などの項目だけを抜き出して視聴することや、野球中継で好きな選手の打席だけを選んでみたりすることも可能。番組と一緒に、タイトルや出演者、場面ごとの索引情報など「メタデータ」と呼ばれる番組関連情報が送られてくるためだ。

 個人の好みに応じたオーダーメード型の番組視聴が可能になるわけで、日本人のライフサスタイルにも変化をもたらす可能性がある。

「サーバー型放送運用規定プロジェクト」はNHK、民法など放送事業者のほか、NTT、KDDIといった通信事業者や、松下、ソニー、キャノンなどの受信機メーカーが参加している。来年度からは製品化に向けた技術検証や受信機の開発・製造を進め、早ければ07年秋にも試験放送を始める予定。デジタル対応受信機普及を促す狙いもある。

 NHKは24日に発表する経営計画で、サーバー型放送への参入を正式表明する予定。第一弾として放送衛星(BS)を使って、教育番組を全国の学校に向けに有料で提供したい考えだ。

 ただ現行の放送法はNHKに営利目的の放送を認めていない。NHKが07年度中に新サービスを開始するには、来年の通常国会で放送法改正が必要となる。民法の場合は、広告付きの無料放送と広告なしの有料放送の両方を検討している。


とある。

 インターネット時代の映像配信はGyaoなどが行っているような、視聴者が見たいときに見たい番組を選択して見る方式(VOD)と思っていたが、今日の記事ではある程度好みで絞って家庭で番組をビデオ録画するような感じで大量に蓄積しておき、蓄積した番組を検索し、内容を更に絞ったりしてみるといったサーバー型放送を考えているようだ。
 NHKは今話題になっている課金の仕組みとして、いまの月額方式から番組ごとの費用に変わる可能性もあるようだ。

ここにきて急に放送と通信の融合が大きく動き出したといえる。
今後、この記事以外の新たな方式が生まれるなどいろいろな放送を取り巻くビジネスモデルの誕生すら予感させる。
どの方式が主流になるかは予想もつかないが、・使い勝手、・視聴のためのコスト、・番組への負担などで視聴者の支持を得た方式だけが生き残ることになるのだろう。



本日のその他の記事
・世界全体での正規にダウロードされたデジタル音楽の売上高が前年の3倍の1200億円に。日本では売上の96%が携帯へのダウンロード。(4面)
・中国の第3世代携帯規格、独自方式「TD−SCDMA」を採用。(4面)
・[家庭六法]ネットのトラブルB:金融情報書かせるメールに用心。(10面)
・人型ロボット、進化どこまで。(29面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 18:33| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 放送と通信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。