2006年01月20日

原発の建設や保守にICタグを活用。


 原子力発電所のような大規模なプラント設備は、数多くの配管や電気系統があり、これらの建設時あるいは保守作業時に指示との整合性を管理するのが大変なようだ。
このようにミスの許されない職場での確認にICタグを活用しようという動きがあるようだ。今日はこの話題を取り上げる。

記事(日本経済新聞(2006.1.20)13面)には

 日立製作所は原始力発電所の建設や保守作業にICタグ(電子荷札)を活用する。来年以降の原発新設で導入、配管や電気系統にICタグを装着することによって作業の効率化や安全対策、事故防止などに役立てる。ICタグは入場券や荷物などに広まりつつあるが、プラント建設でも普及を目指す。



 自社開発した超小型の「ミューチップ」を使う。多種多様な配管に材料時点でタグをつけて識別用データを入力する。原発の配管は約5万点あり、それぞれにチップを取り付ける。発送や荷受けなどの物流段階から、加工や溶接、据付といった各段階で、作業員が読み取り端末で製品を確認。人為的なミスを防止する狙いだ。

 電気配線など複雑なケーブル系統にも取り付けて、どの線同士を接続するかチェックできる「結線ナビシステム」も開発した。設計データ通りに作業しているかを自動で確認できる。

 原発で使う配管、弁、電気品などの部品は百万点を越える。それぞれ設計、製作、調達、検査、輸送などを経て発電所に据え付けられる。設備が複雑な上に、高い安全管理が求められている。


とある。

 原発では管理されるべき部品が百万点を越えるということらしい。
これを図面や伝票でこれら部品を管理するのは不可能に近く、ミスを防止する観点からも操作に負担を掛けずに確認できる仕組みが求められていたことになる。

 今回の記事では、これら配管やや電気系統を確認するのに、ミューチップといわれるICタグと、部品などを建設時や保守時に必要とされる情報を関連付けておくことで、工事ミスの防止や不要な作業をなくすことで、品質の向上とコスト低減が同時に達成できる可能性があるといえる。

 ICタグの応用分野としては、倉庫やモノの運搬といった物流の効率化や食品などの生産履歴、レジ精算の効率化、衣類などの判別といった領域での適用が多かったように思うが、設備作りやそのメンテナンスに利用しようというのだから面白い。

 今後このミューチップがもっと量産されると、コストダウンが実現することでICタグの適応分野が一層広がるものと思われる。
このようにICタグを活用することで、人間のケアレスミスによる障害やトラブルが減り、品質の向上と、作業の正確性の確認、作業履歴の表示、などが簡単にできる時代がもうそこまできているということだろう。


本日のその他の記事
・ライブドア、自社株不正売却80億円。(1面他)
・東証システム、なお綱渡り。約定処理件数でNYは東証の5倍の処理能力。(5面)
・楽天がネット銀・損保にも進出し「総合金融」探る。(7面)
・[比較金融サービス]大口定期預金、ネット専業銀行は高い金利水準。(7面)
・コナミとインターネットイニシアチブ(IIJ)はインターネットのポータルサイト運営会社を設立へ。(13面)
・清水建設、地震のリスクを番地入力で表示するソフトを開発。(17面)
・春の携帯、若者に照準。各社新モデル出揃う。(29面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:09| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。