2006年01月19日

古本見つけた。


 今日は日経の夕刊記事から話題を拾ってみた。

 皆さんはネットで本を購入されたことがあるだろうか。
特に地方に住んでいると、専門書のような大きい書店でないと置いていない本を購入する場合、書店で予約するのが一般的だった。予約をしても手に入るのは早くて1週間後となる。

 これがネットで本を購入するとなると、絶版でない限り目的の本が見つかり、おまけに早い場合は翌日には届くことになる。おまけに購入に際しその本の書評なども参考にできる。

 その上amazonでは、目次や一部を画面で確認できる「立ち読み」機能までサービスされている。

 そして購入のために目的の本を見つけたときに、古本の価格が提示されるようになった。もし古本でよければ、古本の中から欲しい本を選択すれば出品者からその本が送られてくる。一種の本のマッチングサイトの役割もしていることになる。ネットだからこそできるサービスといえる。


 日本経済新聞(2006.1.19)夕刊、5面の「ネットナビ+α」では

ネットで古本を購入したり売却したりできるようにしたサイトが、冒頭紹介したamazon以外にもあるようで、これら古本を扱うサイトの比較が紹介されていた。

 古本を扱うサイトにもやはり個性があるようで

・@古本市場( http://www.ubook.co.jp/ )
 幅広い品揃えで目当ての商品が見つかりやすく特にコミックの品揃えに強み

・日本の古本屋( http://www.kosho.or.jp/ )
 室町時代の写本から、江戸時代の書籍など幅広い年代に強み。
 買取は対応しない。

・文庫OFF( http://www.bunkooff.co.jp/ )
 各出版社の文庫本に品揃えを特化。

・amazon( http://www.amazon.co.jp/ )
 サイトの利用者間で書籍を出品、購入する仕組み。

・スーパー源氏( http://sgenji.jp/ )
 歴史、哲学、宗教関連の書籍が豊富。

・アーカムブックス( http://www.arcam-b.com/ )
 コミック専門。全巻セット型のの商品を多く取り揃える。

と紹介されていた。

 欲しい本を買うとき、古本を探してみるのも面白いかもしれない。


本日のその他の記事
・ライブドアグループの証券取引法違反?事件で、東京地検は関連会社前社長らを任意で事情聴取。(1面他)
・東証が売買全面停止。株売り注文殺到で、初の処置。ライブドアショック拡大。(1面他)
・フジテレビジョン、ライブドアとの業務提携を実質的に解消する方針を決め、非常勤役員引き上げへ。西京銀もネット銀行での提携関係を慎重に判断。(11面)
・日立など共同会社による「日の丸半導体」始動。(11面)
・東芝・ソニー、ハードディスク型ビデオカメラ米国で投入。(13面)
・ボーダフォン、サムスン製薄型携帯電話を日本で販売。(13面)
・松下電器子会社、花粉情報サイト( http://kafun-info.hi-ho.ne.jp )を開設する。(31面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:03| 静岡 ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | ネットビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私が聞いたことのある話では、
ある料理屋の店主が自分の事を書かれた本を探すのを依頼してから本が届くのに3年くらいかかったことがあるらしいです。
.
今ではオンラインで、出版社と直結される時代ですから、大変な進歩ですね。
Posted by 小僧 at 2006年01月20日 02:55
小僧 さん

  コメントありがとうございます。

  ネットを旨く利用すると便利になってしかも資源効率がよくなるなど他へもその効果が波及するということなのでしょうね。

 ただ、顔が見えないネットの世界だけに影の部分にも注意が必要ということで、それなりの知識だけは身に付けておく必要があるというのが課題のような気がしています。

車社会に運転免許証が必要なように、ネット社会にもある程度の知識と問題への対応を含めた利用技術を身に付けてから、というのが大切な感じがしています。
Posted by ブログオーナー at 2006年01月20日 09:44
御返答ありがとうございます。

ブログにも書きましたが、
老年の方だとネットに繋ぐこと自体に抵抗があるらしいです・・・
ネット社会参加の前段階での選別化は、
意外な所で問題化しますね。

今後ともよろしくお願いします☆彡
Posted by 小僧 at 2006年01月24日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

古本屋さんの進化論~つぶれている古本屋の謎を追え~
Excerpt: 日曜日、 臨時の店番をしていたら、あるお客様から質問を受けた。 僕が勤務する店の近くにある、古書のセンターを探しているようだった。 古書センターへの道順を教えながら、お客様と会話するうちに、 ..
Weblog: ☆古書店アルバイト小僧奮闘録
Tracked: 2006-01-23 22:25
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。