2006年01月11日

ボーダフォンなど回線貸し、TBSなどが携帯参入を検討。


 普及台数が9千万台に近づき、生活の中にすっかり定着した感のある携帯電話で、新たなビジネスが始まりそうだ。そのビジネスは携帯電話回線のリセール(回線貸し出し)だ。今日はこの記事を取り上げる。

記事(日本経済新聞(2006.1.11)1面)には

 ボーダフォンやソフトバンクなど4社は日本で初めて携帯電話回線を他社に貸し出す事業に乗り出す。米ウォルト・ディズニー、TBSなどがこれを利用して携帯電話サービスへの参入を検討中で、今夏以降に異業種の20−30社が参入する見通し。多彩な携帯コンテンツサービスの登場が期待できるほか、通話料金でも一段の競争が起きる可能性がある。



 携帯電話回線を貸し出す方針を決めたのはボーダフォンと今年携帯事業に新規参入するソフトバンク、イー・アクセス、アイピーモバイル。

 日本の携帯電話事業は回線や設備などインフラの保有とサービス提供を同じ会社が担ってきた。一方、欧米では早くからインフラ貸し事業が広まり、このインフラを借りてサービスだけを手掛ける事業者が数多く生まれ、競争を促してきた。

このモデルが日本でも始まることで、携帯電話サービス事業者が急増すると見られる。

 総務省も回線貸与方式による新規参入を後押しする。近く専門家らの会合を開き、今夏までに貸し出しルールなどの指針を纏める方針だ。

 ボーダフォンは既に交渉を進めており、3月までに回線の貸出先4,5社を決定。今夏にも借りた企業が携帯電話サービスを始める見通しだ。

 ソフトバンクは今月にも、豊富なコンテンツを持つ企業に営業を始める。電話機開発や料金徴収などを請け負うサービス代行会社も新設する計画で、携帯電話事業に必要な作業をまとめて受託する。

 参入企業は独自ブランドの電話機販売やコンテンツ配信を手掛ける。消費者にとっては通話料の引き下げが期待できるほか、ディズニーブランドの電話機を持つなど電話会社やサービスの選択肢が一気に広がる。

 既にウォルト・ディズニーがイー・アクセスなど複数の携帯事業者に打診を始め、TBSも資本提携したイー・アクセスと組み、テレビ番組で扱ったレストラン、買い物情報などの提供を検討中だ。


とある。

 記事にあるように日本の携帯電話事業者は自前で基地局含めた通信設備も用意していたが、今回の記事ではこの設備の余った容量分を他社に貸し出すということのようだ。

 貸す側のメリットとして、余剰分を外販することになるので設備投資負担を軽減できる。しかし他方では新たな競争相手となる事業者の新規参入を行いやすくすることになる。解説記事でもソフトバンクなどの新規参入事業者は、設備投資額として数千億円から1兆円必要といわれているそうで、この投資分を一刻も早く回収するための手段として、回線貸しが有効とのことだ。ライバルを生み出すリスクよりも、投資回収を早めたほうがより大きなメリットがあるということらしい。

 当然、設備投資の回収が早くなるということは、通話料金などの低価格化を促すことになるので、我々サービスを利用する立場の者にはありがたいことといえるだろう。


本日のその他の記事
・薄型TV「勝ち組」走る。シェア上位、より強く。松下、プラズマ新工場建設。(3面)
・「情報通信省」構想浮上。経産省、権限縮小を警戒。総務省、発言力向上期待。(5面)
・日本政策投資銀行がビジネスモデル特許を担保にした融資に乗り出す。第1弾として旅行業向けシステム開発にビィー・フリーソフトに5千万円融資。(7面)
・ジャスダック、ホストコンピュータ刷新。処理速度2倍、1日の処理可能件数は200万件に。(7面)
・外貨預金の金利差や為替手数料で、ネット専業銀行が強みを発揮。(7面)
・富士通、北米での光通信事業を拡大。(11面)
・スーパー大手のユニーと伊藤忠は商品、店舗や情報システムなど幅広い分野での業務提携で合意。(15面)
・ジャストシステム(開発期間・費用を抑制し海外ソフトの日本版を販売。(17面)
・ネットワーク構築のエー・アンド・アイシステムは保険会社専門のITコンサルタント会社の保険システム研究所を買収し、保険向けシステムを強化。(17面)
・ソフトウェア開発のズー、ホームページ上に表示された文章の単語をクリックするだけで自動的に情報検索が可能に。(17面)
・宿泊予約サイトのマーキュリー22は、媒体を旅行関連サイトに限定したインターネット広告事業を始める。(17面)
・通販サイトの制作・運営のアイビーエッジは、顧客企業の売上が目標に達しなかった場合、サイトの制作費を無料にする事業を始めた。(17面)
などがあった。

夕刊には、「アップルがiMacなどにインテルのMPUを採用」という記事があった。



posted by ネット社会の水先案内人 at 21:17| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

新規割当もイタダキ!ソフトバンク
Excerpt: ソフトバンクが携帯電話国内大手3社の一角を占めるボーダフォン日本法人の買収交渉を...
Weblog: sima2*blog
Tracked: 2006-03-07 03:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。