2005年12月14日

イオンで「スイカ」の利用が可能に。

 電子マネー「Edy(エディ)」を運営するビットワレットが13日にエディの今年の利用件数が1億件(昨年は約4700万件)を越え、取扱店舗も2万6千店に倍増と発表した記事があったように、急速に電子マネーが利用面でも普及し始めたようだ。

 また先日は、7&iが独自の電子マネーを発行すると発表したように電子マネー間の競争も一層激化しそうな予感がする。

 このような流れの中で、イオングループは独自方式を避け、JR東と提携し「suica(スイカ)」での利用を進めるようだ。今日はこの記事を取り上げたい。

記事(日本経済新聞(2005.12.14)13面)には

 JR東日本とイオンは13日、電子マネーの利用などで業務提携すると発表。
まず電子マネー「スイカ」で連携、イオングループでの買い物で使えるようにするほか、両社のサービスが1枚でまかなえる共通カードを発行する。駅での商業開発なども探る。(2007年1月導入をめどに)



イオングループのジャスコやマックスバリューなど、どの業態で導入するかは今後検討する。JR東の営業地域以外のイオンの店舗でのスイカ対応も検討する。

 一体型カードは鉄道乗車やスイカの支払い、クレジットカードなどの機能が盛り込まれる見通し。スイカとカード以外の提携内容については未だ具体的には決まっていない。

 今後両社はプロジェクトを発足させ詳細を検討し、駅構内や周辺の流通業態の開発なども探る。
電子マネー事業などを強化したいJR東と郊外から都市部への展開を強化したいイオンの利害が一致した。


とある。

 これで、7&iグループ、イオングループと2大流通の電子マネー戦略が出揃ったことになる。
かたや独自方式でもう一方は既に関東方面で利用されているスイカ方式ということだ。

消費者にとってどちらがなじみやすいか、利便性に優れるかははっきりしていると思われる。ただ利用者への特典などを考慮すると未だ詳細が明らかになっていないのでなんともいえない。

ただいえることは、電子マネー普及がEDyの利用実績で明らかになったように、今後一層加速されることだ。つまり多くの消費者がならんらかの電子マネーを所有するようになる。直接消費者に店舗で販売しているところは、都会や地方を問わず対応が求められるということになることだろう。電子マネーによる決済に慣れた人たちは、小銭を数えて払うという行為そのものが煩わしく思うようになっているだろう。
 決して「大手がやることだから中小の小売は関係ない」と思わないことが大切だ。
その意味で、電子マネーの動きには特に注意を払って欲しい。また商店主自らが積極的に電子マネーを持ってみて、実際の買い物などに使うことで使い勝手や顧客の気持ちなどを理解し、自店ではどのような対応をするかを研究しておくことをお勧めしたい。

来るべき2007年の電子マネー時代に備えることが大切だろう。



本日のその他の記事
・ジェイコム株の誤発注で欧州系のUBSグループが利益120億円。(1面)
・ドコモ、韓国2位の携帯電話会社に資本参加。アジアでの第3世代携帯普及を狙う。(1面)
・韓国サムスン電子の高速無線通信規格(Wipro)がIEEEで国際標準に。(9面)
・東芝が年内発売予定の次世代DVDを著作権システムの関係機関との調整遅れで発売を延期。(11面)
・[メディア奔流]米国編ネットが変える(中)競争より共存、利点を探る。手を組む新旧勢力。(13面)
・USAトゥデー、オンライン版と新聞の編集部門を順次統合へ。(13面)
・オークネットとソフトクリエイト、中古車競売システムの開発会社を共同で設立。(17面)
・オリコンが自社サイトで62万曲配信へ。(17面)
・アパマンショップネットワークは加盟店向けの新たな業務システムをフューチャーシステムコンサルタントと共同で開発した。(17面)
・携帯向け情報発信のメディアシークは、携帯電話に登録した電話番号やメールアドレスを2次元バーコードに変換し表示するソフトを開発した。(17面)
・ネットを使ったマーケティング支援のアウンコンサルとソフト開発のエイジアが提携、顧客の販促支援を一括で。(17面)
・アトラックス、個人情報保護対策を強化する企業への調査・改善などの支援サービスを始める。(17面)
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:36| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 電子マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Suica、イオングループにも拡大へ
Excerpt: JR東日本とイオンの包括的業務提携について(PDFファイルです) イオン店舗でSuica JR東と包括提携 SuicaとEdyの勢力争いに加え、セブンアンドアイホールディングスの独自電子マネー構想が..
Weblog: 大沢3丁目
Tracked: 2005-12-16 23:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。