2005年12月08日

「エディ」「スイカ」電子マネーぐっと便利に。

 このブログで何度も取り上げている電子マネーの話題ですが、本日タクシーやファミレス、大学の生協などでも利用が拡大しそうという記事を取り上げます。

記事(日本経済新聞(2005.12.8)13面)には

 電子マネー「エディ」を運営するビットワレットはタクシー用計測器大手の二葉計器と共同で、メータと連動するエディ決済用の車載端末を開発した。

来春にも3大都市圏のタクシー(3千から5千台)で電子マネーが使えるようになる。


 利用者は、エディカードやおサイフケータイをかざすだけで決済でき、クレジットのように認証やサイン確認が不要になるので支払いが便利になる。


 JR東はICカード「スイカ」でロイヤルホールディングスや大学生協東京事業連合とそれぞれ連携する。

 今月中旬から都内のロイヤルホスト・5店、来年4月からは芝浦工業大の生協でスイカの電子マネーでの支払いが可能になる。


とある。


  電子マネーの利用範囲が拡大することは、消費者にとって特に少額の決済が便利になると思います。
タクシーやレジ待ちが多いとき小銭を渡したり、小銭が無くお釣を貰ったりと結構面倒くさい。これが携帯などで簡単に済ませれば非常に便利となることでしょう。

 しかしここでも、「エディ」と「スイカ」という2つの電子マネーの方式で、利用できるサービスが分かれるとのことです。
この記事を例にすると、タクシー決済用には「エディ」を用意し、ロイヤルホストでの決済には「スイカ」を用意することとなります。
両者それぞれの思いがあるでしょうから統一されるのはいつか、はっきりしないので利用者は当分両方の電子マネーを持つことになりそうです。
おまけに、7&iも独自の電子マネーの普及を図るという記事もあったので、このような電子マネーも加えると更に持ち歩く電子マネーの種類は増えることとなります。

このことが結局、電子マネーの普及の足を引っ張ることにならないことを願いたい。


本日のその他の記事
・三井住友銀行ATM、正月3ヶ日を含め毎日稼動へ。(7面)
・[フィナンシャル越境バトル]新旧ネット攻防。(7面)
・NEC、厚さ0.3ミリと薄くて丸められる新型充電地を開発。(13面)
・ヤフーのネットラジオにSMEが楽曲提供。先ず1000曲。(15面)
・日本べりサインの12月期の連結経常利益、電子認証サービスの浸透で35%増に。(16面)
・日経地域情報化大賞・記念シンポジュウム特集。(30、31面)
・シャープ、カラー画像から語句検索の出来る電子辞書を発売。
などがあった。


posted by ネット社会の水先案内人 at 23:53| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。