2007年02月08日

携帯・PHSの契約数が1億突破。


 昨日の新聞に、携帯とPHSを合わせた契約総数が1億を突破したという記事がありました。

 いつの間にやら、国民1人に1台の水準にまで普及したようです。
つまり電話番号は家族や組織を代表する番号から、個人を識別する番号になるということのようです。

 極端な話、生まれたときに電話番号を割り当てれば、その人を識別する番号として使える可能性があることになります。これは非現実的な発想として、電話メーカーが何処になろうが番号が引き継げるようになったことを考えると、まるっきりウソとは言えないかも知れませんね。

 以下NIKKEI NETには続きを読む
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:53| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯活用サービス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。