2007年01月10日

ICタグ、使い道広がる


 先頃、小型のICタグが開発されたというニュースを取り上げましたが、今日はICタグを今までとは違った用途で利用する動きが出てきたというニュースです。

 日本経済新聞(2007.1.10、9面)には

■ICタグの用途開発加速、日立は工場の配線管理

 ICタグ(電子荷札)を使ったシステムやサービスが多様化してきた。日立製作所は生産現場の配線管理システムにICタグを活用し実証実験を始めた。NTTコムウェア(東京・港、今井郁次社長)は物流管理で6月にも中堅中小の流通業を対象とする共同利用型サービスを始める。ICタグ利用は製品や物流の管理を中心に始まった。最近は子供の登下校確認に使われるなど用途開発が進んでおり、今後普及が加速しそうだ。
続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 21:57| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。