2007年01月08日

携帯型の音声自動通訳装置


 日本市場だけを対象にビジネスを考えたり、資材や業務の調達を日本だけで考えたりする時代から、成長著しい世界市場を狙ったり、国内でのコスト競争に勝つために世界中から資源や労働力を調達したりと、グローバルな視野でビジネスを捉える必要が出てきています。

 このため日本時にとって弱いとされる外国語力を補完する仕組みが来年にも実用化されるとのことです。

 日本経済新聞(2007.1.8、19面)に

■音声で150万文例を通訳。ATRが携帯型自動通訳装置を開発。

 IT系企業が協力している国際電気通信基礎技術研究所(ATR)のグループは、手のひらサイズの音声自動通訳装置を開発した。

 話しかけると日本語・英語や日本語・中国語を計150万文例という世界最高水準で通訳し合成音声で流す。

 2008年の北京オリンピック開催に合わせ、約1万台を海外旅行者に向け貸し出す事業も計画している。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 20:59| 静岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日経新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。