2006年12月16日

PLCの普及にNTTが後押しか?

 家庭内の電気配線を利用して通信を行うPLC(電力線通信)ですが、屋内の配線工事が要らないなどのメリットがある反面、アマチュア無線との周波数帯域に影響を与えるといった問題から小電力での対応となっているようです。

 このPLCが一気に普及するかもしれないような記事がNIKKEI NETにありました。

■電源コンセント通じネット接続、NTT東西が事業開始へ

 NTT東西地域会社は15日、家庭の電源コンセントを通じて高速でインターネットに接続できる電力線通信(PLC)サービスを始めると発表した。
NTT東はパソコンとコンセントの間に置くモデムを19日から販売する。NTT西は実験に乗り出し、来春以降には毎月の定額料金でモデムを貸し出す方針。

NTTグループの参入でPLCの利用に弾みがつきそうだ。


続きを読む


ラベル:PLC ネット社会
posted by ネット社会の水先案内人 at 16:11| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | 通信インフラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。