2006年12月02日

情報システムは「崖っぷち」なのか?


 1日のNIKKEI NETの記事によると、11月30日、12月1日の2日間に渡り「情報社会のデザインシンポジウム2006」が開催されたそうだ。

 特に今年は情報処理学会など3学会と6専門研究会が合同で実施したシンポジウムで、崖っぷちの情報システムをどう救うか」というテーマで行われたようです。

 以下、記事では

■情報システムは「崖っぷち」なのか?学会が連携してシンポ開催

 ITは社会のニーズに十分応えているだろうか?――。情報処理学会など3学会は11月30日、「崖っぷちの情報システムをどう救うか」をテーマに都内でシンポジウムを開いた。シンポジウム実行委員長の国際情報科学芸術アカデミー講師の神成淳司氏は冒頭、「社会のニーズに対しITの力量が不足している一方、最新の研究成果の実用化が進んでいない」との問題意識を掲げた。

 初日の基調講演で政府の情報セキュリティ補佐官を務める奈良先端科学技術大学院大学の山口英教授は「企業がビジネスプロセス全般でITを駆使すればするほど、内製化が進みシステム会社の開発能力が低下する」という逆転現象について問題提起した。

続きを読む


posted by ネット社会の水先案内人 at 22:01| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日累計ページビューが50万を突破しました。


 このブログを書き始めてから540日目の12月1日、ページビュー累計で50万を突破し500,954となりました。

 またユニークユーザ数の累計は約15万5千人となりました。

 見よう見まねで始めたブログですが、皆様のお陰で一日も欠かさずにここまで続けられてきたことに感謝申し上げます。

 web2.0化の進展や、次世代ネットワーク(NGN)などネット社会はあらゆる機器をネットワークされうようになるなど、これからも大きく変化していくと思われます。

 これらの動きをお伝えできればと存じます。

 これからもよろしくお願いします。

        2006年12月2日 ネット社会の水先案内人
posted by ネット社会の水先案内人 at 21:58| 静岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。